jazz

水素水はなんで身体にイイ?
水素が抜ける時間は?
どの容器で持ち運ぶのがイイ?

水素の分子はとても小さいため保存するのはなかなか大変です。

水素水を保存する容器は、アルミパウチ、ステンレスボトル、ペットボトルなどが挙げられます。

注意点です

水素の効果に関しては賛否両論あります。いきなり高額な商品ではなく、手頃な水素バス・水素サプリメントから試すのがオススメです。冷静に判断していきましょう。

kazu

今回は「水素の保存に適している容器」についてご紹介します。

※3分ほどで読み終わります。

水素水の保存容器ベスト3

水素の効果

水素はさまざまな症状に効果をもたらしますが、とくに活性酸素の除去に効果を発揮すると言われています。

水素 = 活性酸素の減少

水素は脳内を含め体中をめぐり悪玉活性酸素を除去

活性酸素は細胞を酸化(サビる)させ、動脈硬化・ガン・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。

老化とは?

老化の主な原因は3つあります。

老化の3つの原因

「酸化」:体のサビと呼ばれ、活性酸素が増えることで老化を引き起こす
「糖化」:体のコゲと呼ばれ、摂取した糖分がタンパク質と結合し細胞にダメージを与える
「炎症」:炎症によって細胞が老化していく

水素は「酸化」「炎症」に働きかけていきます。

水素に興味を持つ方の多くは、活性酸素除去を目的にしてます。女性からは美容、男性からは疲労回復で注目されています。

水素水はすぐに摂取する

水素を摂取する方法は「水素水」「水素吸入」「水素風呂」「水素サプリメント」があります。

どの方法も水素を発生させてからすぐ摂取するのがオススメです。というのも、水素はとても軽いのですぐに抜けてしまう性質があります。

4つの方法で持ち運ぶことができるのは「水素水」だけです。

水素は抜けやすいので、どの容器に入れて持ち運ぶのがベストか見ていきます。

水素は3時間?

水素をコップに入れたときの保存できる時間

「水素水をコップについで3時間くらい経つと、水素は抜け出て半分になります」

太田成男教授「新・水素水とサビない身体」より

水素水はすぐ飲むのが一番効率的ですが、1時間ほどは水中に保存されています。フタをしていれば3時間は大丈夫です。

そのため、焦って飲む必要はないのでご安心ください。

水素が抜けやすい理由

水素は空気に触れると空気中に逃げて行ってしまいます。

水素分子は宇宙で一番小さい分子のため非常に軽く、速いのが特徴です。

「分子は分子量が小さいほど動きが速くなる」性質があります。水素は真空だと、秒速1.7km(時速6,000km)にまでなります。

この「小さい」「速い」という水素の特徴が、抜けやすさにつながっています。

水素を保存するベストな容器は?

持ち運ぶ場合の「水素濃度と容器」の関係です。

生成した水素の保存できる日数と容器

(株式会社ユーピー調べ)

kazu

第1位:アルミ製
第2位:ステンレス製
第3位:ペットボトル

第1位:アルミ製パウチタイプ

容器が柔らかいため、空気を抜いてから水素水を保存することができます。すると水素濃度を高い状態で保つことが可能です。

空気をできるかぎり抜く

➀ 水素水が飲み口からこぼれるギリギリまで押し出し、キャップを閉める
② 容器を振り、中から音が出なければ空気が抜けている状態。飲み口が横になるように横置きで保管すると水素が抜けにくい

容器の中に空気があると、水の中に含まれる水素が酸素に変わり、空気をパンパンにします。その状態でフタを開けるとパンパンに膨らんだ空気が一気に外に出てしまいます。

kazu

空気が入った状態で水素水を保管していると、開けた時「プッ!」と抜け出る音が聞こえます。

第2位:アルミボトル、ステンレスボトル

アルミ製のパウチタイプとほぼ同率1位です。密閉できる「ステンレスボトル」や「アルミボトル」の場合、しっかり蓋を締め保存していれば、先ほどのグラフの通り3日間ほとんど水素濃度が変わりません。

できるだけパンパンに入れるようにしましょう。そうじゃないと、アルミパウチ同様、水素が空気に抜けフタを開けたとたんに水素が抜けてしまいます。

アルミボトルやステンレスボトルは、仕事場やジムなどで水素水を活用する方法として人気です。

ペットボトルは論外

今は見かけなくなりましたが、水素水がペットボトルで売られている時代もありました。この場合、間違いなく水素は抜け出ています。

水素分子の方が、ペットボトルの繊維のスキ間よりも小さいためどんどん抜けていきます。ただし、さきほどのグラフの通り、水素をつくってから1時間ほどは大丈夫です。

そうでない場合は、ペットボトルの中に水素が存在している可能性はほぼ無いです。

kazu

持ち運びでペットボトルを使用しても意味がないので注意してください。

1日に飲む量は?

年齡やそのときの状況、つまり活性酸素が体内にどれくらい出ているかによって異なるので一概には言えないが、経験上、1日に300ml~500mlがいいと思う。

出典:太田成男著『水素水とサビない身体』2013小学館より

ちなみに、水素に副作用はありません。100mlほどを時間を空けて複数回飲むのが効果的です。

長期間のまとめ買いに注意

水素は封入時から少しずつ抜けていくため賞味期限内に飲みきることが大切です。水としての賞味期限は2年くらいありますが、水素水としての賞味期限は3ヶ月~4ヶ月と短くなります。

賞味期限内だからと言って「作りたて」と「3ヶ月後」では、水素量が違います。送料を抑えるためにセットで買うこともあると思います。ですが、水素水の場合「新鮮な水素水」を賞味期限に余裕をもって飲む方が効率的です。

今は、トレーニングジムやヨガスタジオに水素水が置いてあるケースが多くなっています。アルミボトルやステンレスボトルを持っていけば、切れ目なく水素水を飲むことができます。

ガウラ

水素水サーバーの会社のガウラの商品を紹介します。ジムにある水素水サーバーは、ガウラの商品が大半です。

手頃な商品から、高額の商品までカバーしているので、ご自身にあった方法で試すことができます。

口当たりがよく、ゴクゴク飲め、洗顔、うがい、お米を研ぐときにもオススメです。

「ガウラウォーク」

14,000円ほど。手軽に水素吸入ができる機能もついています。

水素水サーバー

ガウラが販売しているもので大きめのサーバーがあります。僕はガウラminiを持っています。

ガウラウォークは水素水をつくるのに一定の時間がかかりますが、水素水サーバーはすぐに出てきます。

 

水素商品

水素は無味無臭であり、身体への効果がすぐ表れるわけではありません。水素の商品「水素吸入」「水素バス」「水素サプリメント」「水素水」を買う場合、冷静に効果をチェックしていきましょう。

水素吸入「シルマーレ」「ルルド・プレミアム」

33万円ほどと高額ですが、効果だけでなく、デザイン性、アフターサービスを含めると1番の商品です。

高濃度の水素吸入かつ、水素水も作れる「ルルド・プレミアム」はコスパが高いです。価格は ¥98,780です。

効果と費用のバランスがとてもイイ機械です。

水素バス「H&」「H2U」

3,300円。30回ほど使え、1回110円ほどになります。

90,000円ほど。高価ですが高品質の商品です。1分間にマイクロバブルが約3億個発生します。湯気を深く吸い込むだけで水素吸入代わりになる点もオススメです。

水素サプリメント「DHCスーパーエイチツー」「メガハイドレート」

1ヶ月分2,500円ほど。国内産のため安心感があります。

2ヶ月分で6,500円ほどです。

kazu

以上「水素水の保存容器ベスト3」でした。
どうもありがとうございました。