jazz

予防接種における光脱毛の注意点は?
なんで注意が必要?
お医者さんに相談するべき?

新型コロナウイルスのワクチン接種(予防接種)が若年層にも広がっています。そんな中、心配なのが予防接種と光脱毛の兼ね合いです。

記事を書いているのは・・・

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。サロンの運営をしながらも数多くのサロンに足を運び研究しています。

kazu

今回は「光脱毛前後の予防接種における注意事項」がテーマです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ワクチン予防接種における光脱毛の注意点。1週間は間隔を空ける

注意事項

ワクチン接種前後の光脱毛の照射には注意が必要です。

光脱毛中の予防接種における注意事項

接種前:1週間前まで照射OK
接種後:副反応がおさまってから1週間後から照射OK

副反応とは、頭痛・発熱・腕の腫れなどです。身体の異変が収まってから1週間と考えたほうが安全です。

ちなみに、この注意事項はインフルエンザなどの他の予防接種でも同じです。

なぜ照射できない?

予防接種は、基本的に上腕に注射を打ちます。であれば、腕だけ照射しなければいいんじゃないか、と思われがちですがそうではありません。

予防接種の目的

体内に異物を投与し免疫反応を誘導する

予防接種の影響は、直接注射をする腕だけでなく体全体に及びます。予防接種後は、身体が敏感な状態になってしまいます。

一方、光脱毛で照射を行うと一時的に免疫が弱くなることがあります。光脱毛も体にダメージを与えるためです。このダメージ期間と予防接種の注意期間がかぶってしまうとリスクになってしまいます。

報告例はとても少ないものの、予防接種前後に光脱毛をおこなうことで身体が過敏に反応してしまう可能性があります。その結果、ニキビや肌荒れにつながることがあります。

そのため、光脱毛中の予防接種は前後1週間空けることが理想とされています。

お医者さんに相談を

もし心配がある場合は必ずお医者さんに相談しましょう。予防接種を打つときには、必ずお医者さんの診断があります。そのときに診断してもらいましょう。

実際に1ヶ月空けるようアドバイスされることもあります。

ちなみにレーザー脱毛も予防接種前後に注意が必要ですが、レーザー脱毛の場合はお医者さんや看護師さんが近くにいるので心配は少ないと思います。ちなみにレーザー脱毛の方がパワーが強いので、10日間ほど空けたほうがイイと言われています。

男性と光脱毛

男性のムダ毛は濃く、しぶといので男性専門のクリニックやサロンがオススメです。肌トラブルの改善にも役立つことが多いです。

kazu

以上「光脱毛前後の予防接種における注意事項」でした。
どうもありがとうございました!!