jazz

男性ホルモンのメリットは?
ではデメリットは?
自分の男性ホルモン分泌の目安はわかる?

男性ホルモンは一度スイッチが押されたら後戻りができないことを知っているでしょうか?

じつは、男性ホルモンが一度でも過剰に分泌されてしまうとおさまることがありません。

男性ホルモンがたくさん出ている状態で体毛を薄くしたい場合、解決策は「脱毛」という選択肢以外ありません。

記事を書いているのは・・・

資格を取得後、脱毛サロンを運営。日々変わる情報をアップデートしながら研究しています。

kazu

今回は、男性ホルモンと体毛に関してがテーマです。

※3分ほどで読み終わります。

体毛の濃さとメンズ脱毛

男性ホルモンは男性には欠かせない

男性を毛深くしてしまう原因が、男性ホルモンです。

「男性ホルモンが活発」な状態とは…。

体毛が濃くなる。頭が薄くなる。

こうした意見が多く出ると思います。これは半分正しいです。

体毛の濃さや薄毛は、男性ホルモンの中でも悪玉男性ホルモンが関係します。この悪玉男性ホルモンが過剰に分泌されると、体毛が濃くなったり、髪が薄くなる症状が現れます。

一番の問題は、男性ホルモンの量です。

男性ホルモンは一定の量を超えると、「男性ホルモンを活発に作り出す仕組み」を作り出してしまいます。この状態になってしまうともう後戻りができません。

ですが悪い面だけではありません。男性ホルモンは骨格や筋肉をたくましくして、男らしい体を形成するために欠かせません。

また、前向きになる作用があったり、モテる要素にも関係します。男性らしい見た目だけでなく、心身の健康を保つためにも重要なホルモンです。

男性ホルモンのプラスの作用

まずは男性ホルモンのポジティブな面を紹介します。

長寿をもたらすテストステロン

男性ホルモンの大部分を占めるのがテストステロンです。

テストステロンの血中濃度が高い男性は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)のリスクが3倍ほど低いとの報告があります。

40歳~79歳の男性1万1606人を対象に行ったEPIC研究では、テストステロンが上昇すると、心血管疾患、癌など全ての原因の死亡リスクが低下するとの結果が出ています。

ダイヤモンドオンラインより

人間的な魅力を引き出すテストステロン

テストステロンは、チャレンジ精神や競争心を高める働きがあります。

テストステロン値が高い人は、冒険心、判断力、公平性、チームワークに優れているそうです。経営者や政治家はテストステロン値が高いとの報告もあります。

そのため、テストステロン値が高い人はバイタリティに溢れ、モテる傾向にあります。というのも、生殖能力が高く、健康状態の良い男性がより多くのテストステロンを分泌しているからです。

テストステロンが多い男性は、女性からモテるだけでなく、男性からも支持されやすくなります。男性にも男性ホルモンのニオイを嗅ぎ分ける力があり、より男性ホルモンが多い人に魅力を感じるそうです。

男性ホルモンの負の側面

テストステロンにはマイナスの作用があります。

それを引き起こすのが悪玉のジヒドロテストステロンです。

悪玉テストステロンであるジヒドロテストステロン

5αリダクターゼ、テストステロンの変化、ジビドロテストステロン

5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンが生まれてしまいます。このジヒドロテストステロンがヒゲを濃くしたり、頭皮の脱毛を引き起こしてしまいます。

この5αリダクターゼの分泌に関しては、遺伝によるものが大きく、コントロールすることが非常に難しい存在です。

男性ホルモンは必要だが過剰分泌は危険

男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、体毛が濃くなったり、薄毛になったり、ニキビができやすくなったりしてしまいます。このほかに気性が荒くなるといった症状も出てくることがあるので、注意が必要です。

最近は美容への関心から、男性ホルモンをいかに減らしていくかということが重要になっています。男性ホルモン値が下がれば、ニキビや薄毛の改善が見込めるためです。

ですが、男性ホルモンが低くなりすぎると、やる気がなくなってしまうので、こちらも注意が必要です。

kazu

基本的に男性ホルモンは、低いのも高いのもダメです。

過剰に分泌させないために

男性ホルモンを適正値にするためには、基本的に規則正しい生活をしてストレスをためないことが何よりも大事です。

特に睡眠は重要なので、睡眠不足にならにようにしましょう。

5αリダクターゼを抑制する2つの栄養素

「5αリダクターゼ」の働きを抑制させる栄養素があります。

イソフラボンと亜鉛です。

イソフラボン

コラーゲンと乳酸菌も入って1ヶ月1,200円ほど。

ただし一日の量を過剰摂取してしまうと精子の量の減少なども報告されています。大豆食品は男性の場合、1日105mgほどが目安です。

大豆食品からとれる大豆イソフラボンの量

納豆1パック(50g):65.0mg
大豆飲料(125ml):69.0mg
豆腐1/2丁(110g):55.0mg
油揚げ1/2枚(75g):52.5mg
味噌おおさじ1(18g):7.2mg

大豆イソフラボンはこのようにとても簡単に摂取することができます。たくさん大豆食品を食べた日にサプリメントは必要ないと思います。

亜鉛

1ヶ月600円ほど。亜鉛はどのサプリでも安く手に入るのでオススメです。

ノコギリヤシ

またノコギリヤシのサプリメントも効果があるといわれています。ただし、毎日しっかり飲むことと、効果が出るのに半年かかる、という果てしない旅が待っています…。

2ヶ月で2,000円ほど。

【豆知識】薬指が長い男性は男性ホルモン値が高い

kazu

男性ホルモンを測る一番わかりやすい方法をご紹介します!

手の指の、人さし指と薬指の長さを比べてみてください。薬指が人差し指より長ければ長いほど、胎児の間に男性ホルモンの影響を強く受けて育ったと推測されます。

 イギリス心理学者、ジョン・マニング教授「二本指の法則」

下記の記事でさらに詳しくご紹介しています。

体毛を濃くしないために

体毛を濃くしないためには男性ホルモンの分泌を抑制する必要があります。

ですが、男性ホルモンは一度スイッチが押されてしまうと、濃い体毛を作り続けてしまいます。つまり、体毛の薄い人が濃くなることはあっても、体毛の濃い人が薄くなることはあり得ません。

ヒゲを含めた濃い体毛をコントロールするには脱毛しか方法がないのです。そのため、体毛に悩んでいる方には脱毛がおススメです。

メンズ脱毛

男性のムダ毛は濃く、しぶといため男性専門のクリニックやサロンがオススメです。どこも無料カウンセリングがあります。

肌トラブルの改善にも役立つ、男性専門サロン「メンズクリア」

丁寧な施術、医療脱毛専門クリニック「メンズリゼ」

剛毛にも、医療法人「ゴリラクリニック」
kazu

以上「体毛の濃さと男性ホルモンの関係」に関してでした。
どうもありがとうございました。