jazz

光脱毛は永久脱毛じゃない?
永久脱毛の定義とは?
永久脱毛をしたらもう2度と生えてこない?

「永久脱毛」という言葉は、エステサロンで使用することはできず、お医者さんがいるクリニックだけで使うことができます。

この「永久脱毛」という言葉、定義がとてもあいまいです。

記事を書いているのは・・・

資格を取得後、脱毛サロンを運営。日々変わる情報をアップデートしながら研究しています。

kazu

今回は永久脱毛の定義とルールについてです。

※3分ほどで読み終わります。

メンズ脱毛の質問で上位にあがる「永久脱毛」

ヒゲ脱毛に関する調査です。

「何を重視してサロン・クリニックを選ぶのか?」という質問です。

ヒゲ脱毛をするとき何を重視してサロン・クリニックを選びますか?

「TSURUO」メンズ脱毛/ヒゲ脱毛の総合情報サイト調査

価格が1位、効果が2位、痛みが3位という結果です。

2位の効果に注目します。

脱毛すれば毛が生えてこなくなるのか。つまり、永久脱毛することができるのか、気になる部分だと思います。

日本の「永久脱毛」

日本では「永久脱毛」という言葉を使用するにあたり、明確なルールがあります。

永久脱毛の使用

「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」のみ「永久脱毛」という言葉の使用が許されています。

このルールは、厚生労働省が管理しています。

ちなみに医師免許を持っていない人がレーザー施術を行うことは、医師法違反となります。

「永久脱毛」の定義

実は、日本において「永久脱毛」の定義がありません。

というのも、レーザー脱毛は歴史が浅いため、十分な実績データが集まっていません。

いま生えていなくても、20年後30年後にムダ毛が生えてくる可能性があります。そのため、はっきりとした答えがありません。

ですが、アメリカでは「永久脱毛」の定義が決まっています。

レーザー脱毛器の規定

レーザーを3回照射後、6か月経過した時点で、67%以上の毛が減っていること

米国FDA (Food and Drug Administration)

「あれっ」と思った方もいるかもしれませんが、約70%の体毛が無くなれば「永久脱毛」と呼ぶことができます。

日本は、このアメリカの「永久脱毛」の定義を利用しているケースが多くなっています。

個人差とは?

クリニックやサロンでは、個人差という言葉がよく使用されます。

レーザー脱毛や光脱毛では効果が出やすい人、出にくい人がいます。出力の高い機械が合う人もいれば、出力の低い機械が合う人もいます。

永久脱毛をすると、絶対に生えてこないイメージがあると思います。

ですが、ツルツまでは回数が必要です。特にヒゲはしぶといです。

何回も脱毛処理を重ねることで、ムダ毛の量はだいぶ減ります。10回ほどで、80%~90%はまでは減らすことができますが、100%を目指すとなるとさらに回数が必要です。

光脱毛で「永久脱毛」の効果が得られる??

現在はエステサロンの脱毛機が、どんどん進化しています。高い出力で、広範囲に施術できようになりました。

この進化により、光脱毛でも、満足いくレベルまで脱毛が可能になりました。エステサロンでの脱毛は、レーザー脱毛より試しやすくなっていて、費用が安いのが特徴です。

脱毛で重要なのは脱毛機械です。ぜひ脱毛機械に注目して、サロンやクリニックを選んでいきましょう。

メンズ脱毛

男性のムダ毛は濃く、しぶといため男性専門のクリニックやサロンがオススメです。どこも無料カウンセリングがあります。

「光脱毛は効果ない」というのはひと昔前の話。医療脱毛も光脱毛も機械が進化し、脱毛効果を実感できることが多いです。

肌トラブルの改善にも役立つ、男性専門サロン「メンズクリア」

丁寧な施術、医療脱毛専門クリニック「メンズリゼ」

剛毛にも、医療法人「ゴリラクリニック」
kazu

以上、「永久脱毛の定義とルール」でした。
どうもありがとうございました。