jazz

ケノンはなぜ男性にオススメ?
全身にピッタリ?
使用上の注意点は?

家庭用脱毛器で一番オススメなのがケノンです。

家庭用脱毛器だとあなどるなかれ。

継続すれば効果を実感できる、とても優秀な機械でとくに男性にオススメです。

記事を書いているのは・・・

資格を取得後、脱毛サロンを運営。日々変わる情報をアップデートしながら研究しています。

kazu

今回はコスパの高い「家庭用光脱毛器ケノン」に関してです。

※5分ほどで読み終わります。

「ケノン」

家庭用脱毛器でおそらく一番有名な脱毛器がケノンです。

こんな人にオススメ

・全身をやりたい
・脱毛サロンやクリニックの契約が切れた
・痛みに弱い
・サロンに行きたくない

ケノンの特徴、使用方法、オススメ点、注意点を紹介していきます。

ケノンとは?

家庭用光脱毛器の中で剛毛用のカートリッジがついている珍しい機械なので、男性にオススメです。



商品が常に改良されていて現在はバージョン8.5となっています。「21.5cm✕29cm✕9cm」と大きめです。

ケノン「バージョン8.5」(前バージョンとの比較)

・照射回数が大幅アップし長寿命化
・ランニングコストが安い
・照射パワーが20%アップ
・肌への優しさがアップ
・照射スピード大幅アップ

現在発売されている家庭用光脱毛機の中で、コスパ、効率、効果において頭ひとつ出ています。

照射面が広いのでスピーディーに脱毛処理することができます。

価格

ケノンは69,800円(税込)です。家庭用脱毛器の中では高価格帯です。

カートリッジ方式とは

ケノンはカートリッジ方式です。

家庭用脱毛器は使用できるショット数があります。多くの商品はショットを使い切ると機械自体を交換しなければいけません。

ケノンの場合、本体を交換することなくカートリッジを交換するだけで脱毛器を継続して使い続けることができます。

5種類のカートリッジ

全身で1回1,200発ほどになります。レベル1が弱いためたくさんショット数を打てるようになっていて、レベル10が最高出力でショット数が少なくない使用です。

連射よりも単発照射の方がパワーは強くなっているのでオススメです。

ちなみに、公式サイトから購入すると「スーパープレミアム」「美顔用」カートリッジがついてきます。

照射面 照射可能回数 付属 価格(変動あり)
スーパープレミアム 7㎠ 【Lv1】300万発
【Lv10】50万発
◯付属 12.800円
ストロング 4.5㎠ 【Lv1】8.5万発
【Lv10】1万発
◯付属 10,900円
ラージ 7㎠ 【Lv1】20万発
【Lv10】1.3万発
✕付属なし 8,800円
エクストララージ 9.25㎠ 【Lv1】20万発
【Lv10】1万発
✕付属なし 10,900円
美顔用 4.5㎠ 【Lv1】20万発
【Lv10】4.2万発
✕付属なし 7,900円

ひとりで使用する場合、カートリッジの追加購入は必要ありません。

ヒゲ・VIOにはストロングカートリッジ

ヒゲを行う場合はストロングカートリッジの追加購入がオススメです。現在公式サイトでは10,900円(税込)が4,980円(税込)で購入できるようになっています(価格は変わる場合があります)。

ストロングカートリッジは照射面にランプが2本付いていてる「Wランプ」が採用されているため照射パワーが強くなっています。

男性のヒゲ、VIOなどの頑固な体毛に最適です。ヒゲは多くて50発、VIOも多くて150発ほどです。

とくに男性の口周り、アゴのヒゲは頑固なのでストロングカートリッジで1週間に1回がオススメです。(効果を感じるまで4ヶ月ほどかかることもあり、トータル回数として50回ほど必要な場合もあります)

家庭用脱毛器で男性用に開発されている機械はほぼないので、珍しいと思います。

美顔用

美顔機能はエステサロンの光フェイシャルと同じ機能があります。光線が細胞を刺激し、コラーゲン・エラスチン生成が活性化されます。肌の保湿力が高まり、肌にハリと弾力が出る効果、しみや黒ずみが消える効果が期待できます。

男性はふだんスキンケアをしっかりしている人は少ないと思います。

かなり手軽にエステサロンと同じような効果が得られるので、美顔用もかなりオススメです。ちなみに顔だけでなく全身に使うことができます。

ただし脱毛と併用はできないので注意です。

脱毛処理が進んでくると照射間隔が広がります。通常は1週間に1度の脱毛がオススメですが、そのうち2週間に1度になります。そうなると美顔用を間に使うことができるようになります。1週間は肌を休める時間が必要です。

3機種の比較

脱毛器はamazonで調べると100種類以上出てきます。その中でも人気の高い機種があります。

「ケノン」「トリア」「ブラウン」は人気・信用が高いです。

ケノン

男性にもオススメの家庭用光脱毛器「ケノン」

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

家庭用レーザー脱毛器トリアはメンズのヒゲにもオススメ

ブラウン

男性にもオススメ ブラウン 光美容器 シルクエキスパート ホワイト Pro5 PL-5014

価格 69,800円 48,000円 52,000円
最大照射可能回数 300万発
高出力で50万発
(カートリッジによる)
50万発 40万発
照射面の大きさ 最大9.25cm² 直径1cm 6.0cm²
照射パワー 非公開 22ジュール 6ジュール
交換方法 カートリッジのみ 交換本体ごと交換 本体ごと交換
保証 最大2年間 30日以内返金保証
2年間保証
1年間
注意点 IOラインは非推奨 ヒゲ不可

ケノンの最大の特徴は照射面の広さです。全身脱毛をしたい場合、照射面が小さいとかなり時間がかかってしまいます。

また痛みが小さくなるような極短照射という方式を使っています。

そして、サロンに行きたくないという人にとってもかなり使いやすい機能となっています。

照射パワー

ケノンは具体的にどれくらいの出力かは非公開です。これはある意味誠実な対応です。

というのも脱毛光線のパワーはJ(ジュール)で測ることができますが、測り方によって数値がかなり変動しています。

その代わりケノンは脱毛光線の特徴を説明しています。

ケノンの中の機構

ケノンが効率的な理由は極短発光

公式サイトより

エネルギーを集中させることにより肌へのダメージを軽減しながらも、効果的・効率的に脱毛できるような照射方式です。

これにより痛みも最小限に抑えられます。

それでもダメならトリア

ただし、脱毛は個人差があります。

とくに男性の体毛はしぶとかったり、効きにくいこともあります。

男性用の家庭用脱毛器で一番パワーがあるのはトリアです。

ヒゲだけを脱毛したい場合はトリアがオススメです。トリアはレーザー脱毛器なので剛毛に効果を発揮します。

トリアは医療クリニックで使用されているダイオードレーザーが使用されています。ダイオードレーザーは剛毛と相性が抜群で、多くの男性が効果を実感しています。

効果を出すための注意点

ここからはケノンの効果を高めるための注意点です。

男性は無茶な使い方をして肌荒れしている人も多いです。ニキビのような毛嚢炎、ヤケドなどの肌トラブルを起こす場合があります。

脱毛は肌にダメージを与えているので、肌トラブルにならないように注意していきましょう。

ケノンの注意点

・しっかり剃る
・照射前の保湿
・照射前に除菌
・痛みがある場合は氷で冷やす
・レベルは弱めから
・カートリッジを清潔に
・ペースを守る(毎日はダメ)
・何度も照射しない
・継続する
・日焼けに注意
・照射後の保湿

剃毛ていもう

脱毛前には必ずヒゲ剃り、体毛処理が必要です。できれば脱毛当日ではなく前日にしっかり剃る方がオススメです。

剃るときは肌に優しく刃を当てましょう。

しっかり剃ったと思っていても剃り残しは必ず出てきます。「ま、いいや」ではなく、必ずしっかり剃りましょう。

体毛が皮膚表面に出ているとヤケドのリスクが高まります。もし長い毛が残ったまま照射してしまうと、皮膚に倒れている体毛を通して周辺の肌がヤケドしてしまいます。

体毛が長いまま脱毛光線を照射するとヤケドのリスクが

また、体毛が長く残っていると光線がうまく毛根まで伝わらないということも起こります。2mmほどまでは大丈夫といわれていますが、1mmほどまでは剃りましょう。

当日の剃り残しには刃が直接肌にあたりにくいボディシェーバーを使いましょう。


8,000円ほどしますが、防水加工かつ細かく処理できるのでオススメです。

カミソリで傷ついた肌に強力な光線を照射するとダメージにつながります。

前日に剃毛していれば、夜寝ている間に肌の傷がかなり回復します。そのため前日の夜にしっかり剃ることをオススメします。

とくに最初は2日前にしっかり剃り、前日に完璧に剃ることをオススメします。

体毛がしっかり剃毛できていれば照射面の汚れも少なくてすみます。

保湿

脱毛前日からしっかり保湿することも重要です。

脱毛では肌内部の水分量で脱毛効果が変わります。

脱毛の光線は光エネルギーです。この光エネルギーは肌内部の水分を通り体毛に到達します。肌の水分量が多いと脱毛効果が高まります。


1,300円ほど。こちらはコスパが良いのでオススメです。

ただし照射直前に保湿クリームを塗ってしまうと、光線の浸透を妨げてしまうことがあります。その際はジェル状のものか、化粧水を塗っていきましょう。

60gで1,000円ほど。

次亜塩素酸スプレーで除菌

脱毛をする前は肌が清潔なほど毛嚢炎(ニキビのような症状)が少なくなります。

脱毛前にお風呂に入るという方法もありますが、マイナス点は体温が上がってしまうこと、保湿クリームが使えないことです。

体温が高いと光線で与えたダメージの熱が冷めにくくなってしまいます。そのため、お風呂に入る場合は身体が冷めてからおこないましょう。

また、その際は保湿クリームなどは塗らないようにします。

さきほども書きましたが、保湿クリームは光線の浸透を妨げてしまうことがあります。その際はジェル状のものか、化粧水を塗っていきましょう。クリームが肌に浸透しない状態で照射すると光線がうまく毛根まで届かなくなることもあります。

次亜塩素酸スプレーで肌を除菌するのもオススメです。次亜塩素酸水は殺菌効果に優れています。細菌やウイルス、カビ、食中毒の原因となるような菌にも効果を発揮します。


1,000円程度です。

ちなみに少し面倒ですが、市販の濃度の高い次亜塩素酸水を薄めて使用することもできます。

痛みがある場合は氷で冷やす

脱毛は痛みが伴います。出力を上げると効果は高いですが、痛みも増えてしまいます。

とくに男性はレベル10でやらないと効果がでない場合が多いです。

氷で冷やしてから照射しましょう。痛覚が鈍り、かなり楽になると思います。

レベルは弱めから

最初使うときは低レベルからはじめましょう。

いきなり強い出力でやると色素沈着といってアザになってしまうことがあります。

ひどいアザだと2ヶ月ほどそのままだったり、ずっと消えないこともあるので最初は慎重にはじめましょう。

そして毛の剃り残しがあったり、日焼けが残っていたりするとヤケドのリスクもあるので、まずはとにかく弱めからいきましょう。

エステサロンの脱毛器では肌と照射面を密着するように当てていきます。スキマがあると痛みを感じやすく、効果も弱くなります。

ケノンはスキマが空きやすいのでしっかり密着していきましょう。

カートリッジを清潔に

カートリッジは照射後にムダ毛が焦げて固まった汚れがついたり、曇りやすくなっています。

一度こびりついてしまうと落とすのが大変です。

そのため毎回照射後にカートリッジをアルコールでしっかりと拭き取りましょう。

もし長時間使う場合、15分ごとに一度拭き取るのがオススメです。

汚れたままだと効果が減ってしまったり、故障の原因になるので注意が必要です。

照射のペースは1週間に1回

本来ならエステサロンでおこなう光脱毛は1ヶ月に1回です。ですが、ケノン独自の実験で1週間に1回の方が効果が高いという結果があります。

そのため、1週間に1回が一番効果的です。

これよりも頻繁に照射すると肌が回復する前にダメージを与えることになり、肌トラブルにつながります。

とはいえなかなか大変なので2週間~1ヶ月に1回になると思います。

何度も照射しない

効果を高めるために同じ場所に何度も照射したい気持ちはわかります。

ですが、これはリスクでしかありません。照射回数を増やしても効果は増えません。

何度も照射すると肌荒れのリスクがぐっと上がります。

継続する

脱毛で一番大事なことは継続です。

「ケノン」は照射パワー、照射効率から考えてほぼ確実に脱毛効果を期待できます。あとは「照射ペースを守れるか」にかかっています。

とにかく地道に続けていきましょう。

日焼けはNG

脱毛は黒色のメラニン色素を狙って照射します。そのため、肌が日焼けしてしまうと、光線が体毛ではなく肌に拡散してしまいます。

そうすると脱毛効果が低くなるだけでなく、肌にダメージも負ってしまうので注意が必要です。

また脱毛後は肌がかなり敏感になっているので日焼け止めをしっかり使いましょう。

日焼け止めは基本的にSPF20~30あたりがオススメです。SPF50となると肌に負担がかかります。夏場や、スポーツ、レジャーなどで外に出る特別なときにSPF50を使うとイイと思います。

SPF20

900円ほど。

美容液が入っていて肌への負担もかなり少ない商品です。ピンクに色づいているのでBBクリーム代わりになります。

洗顔後、化粧水なしでもこれ1本で大丈夫です。

SPF50+ PA+++

2,500円ほど。

夏用、アウトドア用としてオススメです。男性用ということでニオイも男性向けになっています。

スキンケアも兼ねている商品です。

脱毛後

脱毛後は肌が乾燥しやすくなるので肌の回復のためにも保湿をしっかりおこないましょう。

脱毛したあとにお風呂に入る場合は湯船に入らないようにします。とにかく重要なのは「触らない、温めない」。運動も脱毛当日は避けましょう。

次の日以降は肌の調子が問題なさそうなら通常の生活に戻って大丈夫です。

オススメできない人

「ケノン」は出力が強く、照射面が広いので家庭用脱毛器としてはかなり簡単に脱毛することができます。

ヒゲに関しては5分、ただし足だと30分くらいかかってしまうことがあります。

合わない人

・継続できない
・光アレルギー

慣れていないと全身1時間~3時間くらいかかってしまうこともあります。とくに冷やしながらやると時間がかかってしまいます。

脱毛は継続がすべてなので、継続できない人はなかなか難しいかもしれません。

回数の目安

ケノンは1週間に1回をオススメしていますが、思った以上に面倒だと思います。そのため体毛は2週間に1回がオススメです。

ただ、ヒゲの伸び方は体毛とは違うので週に1回がオススメです。

ヒゲは最低30回ほど必要で、多くなると50回ほどかかります。

体毛は部位により差はありますが、ツルツルを目指すなら20回ほどです。最初の10回は2週間に1回、その後は1ヶ月に1回がオススメです。

体毛は変化を感じやすいですが、ヒゲはなかなかしぶといので根気が必要です。

10回やってみるとかなり効果がわかると思います。ケノンは改良されかなり効果的、効率的に体毛処理できるようになりました。回数を重ねれば重ねるほど効果があります。

光アレルギー

脱毛光線は太陽光線から紫外線だけを抜いた光を照射しています。

太陽光アレルギーがある場合、発疹やかゆみが出てしまうので注意してください。

どのサイトで購入するのがお得?

ケノンは「公式サイト」で購入するのが一番です。次にオススメなのが「楽天」「yahoo!」です。

楽天やyahoo!もオススメです。Amazonは特典内容が少し変わるので注意してください。

特典が少し変わるのでご確認ください。

「ケノン」への疑問

ケノンでよくある質問を最後に紹介します。

永久脱毛ではない?

永久脱毛ではありません。

よくレーザー脱毛を推す人たちから「光脱毛はまた生えてしまうからやめた方がいい」と言われることがあります。

ですがそんなことはありません。脱毛を進めれば進めるほど生えてくる体毛は細くなっていきます。

脱毛処理を終えたあと、また生えてきてしまってもカミソリでさっとそれば大丈夫です。2ヶ月放置してちょっと生えるくらいです。時間にして数分で終わります。

これを面倒ととるか。

なぜまた生えてくる?

これは毛周期に関係しています。

脱毛、成長期と退行期の期間と割合と成長スピードについて

脱毛は成長期の体毛にしか効果がありません。

照射している時期に成長期でなかった体毛がのちのち生えてくる原因になります。

また生えてきたときに照射すれば問題ありませんが、どうしても数本生えてきてしまうのは毛周期に関係しています。

男性の購入者は多い?

実は2012年時点で男性購入の割合が43%でした。

ケノンは男性指示がかなり高い家庭用脱毛器です。

満足度は高い?

「ケノン」独自のアンケートでは98%が満足しているという結果が出ています。

楽天市場では151,938件のレビューがあります(2022年2月10日時点)。

ケノンの評価(151,938件)

☆5:64,350件(42.3%)
☆4:66,501件(43.7%)
☆3:18,687件(12.2%)
☆2:1,303件(0.8%)
☆1:1,097件(0.7%)

ちなみに男性のレビュー数は12,349件で8%ほどとなっています。

kazu

以上、「家庭用メンズ脱毛器の決定版:ケノン」に関してでした。
どうもありがとうございました。