jazz

    なぜ光脱毛とレーザー脱毛はアジアで人気?
    白人には効かない?
    黒人にも効かない?

    日本で脱毛を受けようとすると、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛が主な選択肢です。

    ですが、選択肢が4つない国もあります。

    人種によって「できる脱毛」と「できない脱毛」があるのを知っていますか?

    記事を書いているのは・・・

    資格を取得後、脱毛サロンを運営。日々変わる情報をアップデートしながら研究しています。

    kazu

    「日本人はなぜ光脱毛と相性がいいのか」がテーマです。

    ※3分ほどで読み終わります。

     

    アジア人と光脱毛は相性抜群

    レーザー脱毛と光脱毛は黒い体毛に反応

    レーザー脱毛・光脱毛は、脱毛光線を肌に照射します。光線はメラニン色素(黒い色素)に反応し、黒い体毛を通して、毛根にダメージを与えます。

    毛を生み出す毛乳頭の働きを止めることで、脱毛していきます。

    f:id:pegastudio:20190130133114j:plain
    つまり、レーザー脱毛・光脱毛は黒い体毛に効果があります。

    黒以外の体毛には反応が少なくなってしまいます。

    黒い肌に適していない?

    では、肌が黒色に近い場合はどうなるか?

    光線は黒い色素に反応します。そのため、肌が暗いと肌そのものを焼いてしまいます。

    つまり、火傷の危険があり、リスクが高いです。

    海外ではワックス脱毛が主流

    つまり、白い肌であっても白色の体毛だったり、黒い体毛を持っていても、黒に近い肌色の皮膚には、光脱毛は向いていません。

    そのため海外では、ワックス脱毛や除毛クリームが主流となっています。

    ワックス脱毛は日本人にあってないかも…

    日本人の角質層は白人よりも厚みが2/3ほど。

    厚生労働省の産業医学総合研究所調べ

    テープでバリバリと体毛をひっこ抜くワックス脱毛。テープをはがすときに皮膚に大きな負担がかかります。

    日本人にとって負担が大きいので、ワックス脱毛をする場合は肌に優しい方法を選びましょう。 

    条件を両方みたしているアジア人

    光線が反応しない肌の色で「体毛」が黒い。この条件にあてはまるアジア人は多いです。

    日本人でこの条件にあてはまる方もかなり多くなっているので、日本人はレーザー脱毛と光脱毛が合っているといえます。

    そのため、レーザー脱毛と光脱毛が日本で発展しました。 

    脱毛中の日焼けには要注意

    日焼けで肌が黒くなるということは、光線が「体毛」だけでなく、黒色に近づいた肌にも反応してしまいます。そのため、どのサロンでも脱毛中の日焼けを制限しています。

    日焼けしていると断られると思いますので、日焼けだけには注意していきましょう。

    肌をできるだけ守りながら脱毛を

    脱毛をする際、肌のケアが重要です。現代人の肌は日々、紫外線やストレスでダメージを受けています。

    また「レーザー脱毛と光脱毛」も肌にダメージを与えるので、ケアは必須です。

    脱毛後のケア

    ・日焼け止めクリームを塗ること
    ・保湿をしっかりすること

    特にこの2点には特に注意が必要です。ぜひ肌のケアをしながら脱毛をしていきましょう。

    メンズ脱毛

    男性のムダ毛は濃く、しぶといため男性専門のクリニックやサロンがオススメです。どこも無料カウンセリングがあります。

    「光脱毛は効果ない」というのはひと昔前の話。医療脱毛も光脱毛も機械が進化し、脱毛効果を実感できることが多いです。

    肌トラブルの改善にも役立つ、男性専門サロン「メンズクリア」

    丁寧な施術、医療脱毛専門クリニック「メンズリゼ」

    剛毛にも、医療法人「ゴリラクリニック」
    kazu

    以上「日本人と相性のいい光脱毛、レーザー脱毛」でした。
    どうもありがとうございました。