jazz

体毛が生えなくなるメカニズムは?
毛母細胞との関係は?
体毛はすぐ抜けないのはナゼ?

レーザー脱毛、光脱毛では、毛根にダメージを与えます。

毛根を破壊していると勘違いされがちですが、実はそうではありません。

記事を書いているのは・・・

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。サロンの運営をしながらも数多くのサロンに足を運び研究しています。

kazu

「レーザー脱毛と光脱毛の体毛が抜けるメカニズム」に関してです。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと光脱毛やレーザー脱毛における、体毛の成長を止める仕組みがわかります。

光脱毛とレーザー脱毛はゆで卵と同じメカニズムです

そもそもIPL脱毛とは?

レーザー脱毛と光脱毛はIPL脱毛という同じ方式となっています。どちらも光エネルギーを毛根部分にあてていきます。

レーザー脱毛のメカニズム

光エネルギーが毛根に届くと熱エネルギーとなり、熱エネルギーを毛乳頭に伝えることで、体毛がどんどん細くなっていきます。さらに詳しくは下記よりどうぞ。

脱毛はゆで卵?

実はレーザー脱毛・光脱毛では、毛根を破壊しているわけではありません。

なにをしているかというと、毛母細胞(毛を栄養源)の働きを抑制しています。

まずは、発毛の流れをご覧ください。

メンズ脱毛、成長期・退行期・休止期の発毛の流れ

(おでんくんの美容と健康ブログより引用)

毛母細胞に注目します。毛母細胞になる前は、毛芽、毛包幹細胞と呼ばれています。

毛包幹細胞 ➔(細胞分裂)➔ 毛芽 ➔(細胞分裂)➔ 毛母細胞 ➔ (細胞分裂)➔ 体毛 

毛包幹細胞が分裂すると毛芽になり、毛芽が分裂すると毛母細胞になり、毛母細胞が分裂することで体毛がつくられます。(毛包幹細胞は毛根幹細胞と表記される場合もあります。)

毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞はタンパク質です。

レーザー脱毛・光脱毛では、この毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞をターゲットにしています。光線は黒い体毛に反応し、光エネルギーが毛根にまで到達します。するとこの光エネルギーが熱エネルギーに変換されます。

体毛のまわりにある毛包に、熱エネルギーが伝わります。すると毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞に熱エネルギーが到達します。毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞は60℃を超えると「変性」が起こります。

バルジ領域、毛包幹細胞、毛母細胞、毛乳頭

幹細胞情報データベースプロジェクトSKIP

毛母細胞は、上記画像のように毛根の根本部分にあります。毛包幹細胞は、外毛根鞘がいもうこんしょうの中にあります。この毛包幹細胞が毛根まで送られ、毛母細胞になります。

レーザー脱毛と光脱毛は、ゆで卵をつくる過程と似ています。卵の「白身」を思い出してみてください。生卵を60℃まで熱すると、透明だった「白身」が熱で固まり白く変化します。(完全に固まるには70℃まで熱します。)

レーザー脱毛・光脱毛では毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞のタンパク質を卵のように固めてしまいます。

毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞は60℃を超えると「変性」を起こします。つまり、毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞がゆで卵のように固まってしまいます。すると、体毛を作る働きがストップします。

毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞が熱で固まると、戻ることはありません。これは「ゆで卵を生卵に戻せない」ことと同じです。

外毛根鞘がいもうこんしょうの中の毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞が固まり、新たな毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞が供給されなくなると脱毛が完了します。体毛を破壊したとしても、栄養が供給されればまた新たな体毛が出てきます。

光脱毛、レーザー脱毛では体毛のもとである毛母細胞、毛芽、毛包幹細胞の働きをストップするという作業をしているのです。

体毛はすぐに抜ける?

照射直後、体毛がすぐに抜け落ちることはありません。レーザーや光をあてた直後、体毛は皮膚の中に残ります。これは、さきほど挙げたように毛根の中で、細胞が固まってしまっているからで、毛根がのりづけされている状態です。

しかも脱毛光線を浴びた体毛は少し膨らんでしまいます。体毛が膨らんでしまうと、毛穴に毛根が引っかかってしまい、身体の外に体毛が出られなくなってしまいます。

こちらの記事で紹介している動画をみると体毛が膨張する瞬間がわかります。↓

ってことは一生そのまま??

「・・・」

安心してください。

人間の身体はよくできていて、異物を排泄はいせつする作用があります。熱で変化してしまった体毛は、身体にとって必要のないものです。人間の体は、いらなくなったものは体外に排出する「自浄作用」という機能を持っています。

例えば、瞬間接着剤が手について困った時。しばらくは気持ち悪いですが、気づいたら取れていると思います。これも自浄作用によるものです。

脱毛の場合

脱毛効果のあったムダ毛は、だいたい2週間前後で抜け落ちていきます。たいていは、自然に抜け落ちます。タオルで身体を拭いている時、タオルの繊維に引っ張られて抜けることもあります。毛根が弱くなっているため、軽くムダ毛をひっぱっただけでもスルッと抜けます。

脱毛後、時間があったら、ぜひ一度抜いてみてください。力を入れずに抜くことができれば、脱毛が成功している証拠です。(ただし、脱毛できていない毛根を抜いてしまうと、次回脱毛光線を照射できなくなるので注意が必要です。)

回数を重ねるごとに、この感覚がかなり実感できると思います。最初の数回は、なかなか目に見える実感がなく、不安になってしまうことも多いと思います。5回やっても何も変化がない場合、サロンやクリニックに相談しましょう。

まずは5回!!

がんばっていきましょう。

男性と光脱毛

男性のムダ毛は濃く、しぶといので男性専門のクリニックやサロンがオススメです。肌トラブルの改善にも役立つことが多いです。

kazu

以上、「毛根は破壊されない?レーザー脱毛と光脱毛のメカニズム」に関してでした。
どうもありがとうございました!!