ダンサーはある程度スリムでありながら、爆発的な力やスタミナが必要です。体幹トレーニング、筋トレでレベルアップを目指しましょう。まずは自体重トレーニングでバランスのとれた身体づくりを目指しましょう。

体質によって効果的だったり、非効率なことがあるので、自分で工夫することも忘れないでください。

体幹トレーニング

体幹を一瞬で理解する 体幹談義(プロダンサーとプロトレーナーによる座談会)
体幹とインナーマッスルとアウターマッスルの違い
口を閉じることで体幹を鍛える
ヨガ ヨガは男性にオススメ
ピラティス(バレエダンサーが多く取り入れています) ZEN PLACEでオンライン・ピラティス(体験談)

筋肉トレーニング

筋トレしても身体は本当に硬くならない?
筋トレとストレッチの回数と負荷と時間

自体重トレーニング

ジムに行く前に、まずは自重トレーニングから始めた方がイイ理由
自体重トレーニングのメリット
自宅でできる手軽な4大種目の正しい方法 腕立て伏せ(プッシュアップ)
腹筋
スクワット
背筋

最強の自体重トレーニング「プリズナートレーニング」

プログラムがしっかりしているので、継続しやすい自体重トレーニングで、この本を一冊持っていればOKです。1,500円ほどです。

プリズナートレーニング(囚人トレーニング)とは? 1:プッシュアップ(腕立て伏せ)
2:スクワット
3:プルアップ(懸垂)
4:レッグレイズ
5:ブリッジ
6:ハンドスタンド・プッシュアップ(逆立ちで腕立て伏せ)

メンテナンス

お腹の調子を整える 植物性乳酸菌、白湯、キャベツを食べる
なんちゃってグルテンフリー
足裏を鍛える 足裏のほぐし方(フットローラー)
MP関節「土踏まずを上げる」(足裏の使い方とMP関節)
床反力で足裏を鍛える
カッピングで筋膜リリース