jazz

ジャズダンスはどう発展していった?
MGMミュージカルとは?
シアターダンス?

前回は1920年代後半の「スイングダンス」を中心に紹介しました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。アメリカにダンス留学をしたときにダンスの歴史を学びました。アメリカではジャズダンス、モダンダンス、バレエ、コンテンポラリー、ヒップホップジャズなどなどかなり幅広く踊っていました。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ジャズダンスから派生したシアターダンス」を紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事はダンスを習いたい方からダンサーを目指している方向けの記事です。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

ジャズダンスの歴史(1930年代)MGMミュージカル映画の発展

1930年代~

ジャズダンスがいろいろな踊りを取り入れどんどん発展していく時代。映画の登場でこの成長速度が加速していきます。

ジャズダンスの歴史の流れを紹介(1930年代のアメリカ)

ビートからメロディへ

ジャズダンスは、もともとアフリカンダンスをルーツに持ちます。

ジャズダンス

ビートを体で表現する踊り

ジャズダンスが発展する中、1920年代に新たな踊り方が登場します。

ジャズダンスをリズムに合わせるのではなく、メロディに合わせるという方法です。とくにニューヨークのブロードウェイで発展していきます。

ダンスをメロディに合わせると感情表現がぐーっと広がります。するとダンサーの踊りを見ただけでどんな感情を表現をしているか、かんたんにわかるようになりました。

テクニックを重視するだけでなく、感情表現も大事に扱うようなっていきます。

フレッド・アステア

1930年代、ミュージカル映画の人気俳優となったのがフレッド・アステア(1899年~1987年)です。もともと1920年代フレッド・アステアは、ニューヨークのブロードウェイで活躍し、ダンスのテクニックに磨きをかけました。

フレッド・アステアはビートに合わせるだけではなく、メロディに合わせ流れるように踊ります。

これは大きな革命でした。

そして、フレッド・アステアが有名になったのは1930年代のハリウッドのミュージカル映画でした。

MGMスタジオによるミュージカル映画

1924年、もともとあった映画スタジオ3社が合併し「MGMスタジオ」となります。

MGMスタジオの名前の由来

MGMは合併前の3社(メトロ・ピクチャーズ・コーポレーション、ゴールドウィン・ピクチャーズ、メイヤー・ピクチャーズ)の頭文字をとっています。

1930年代から1950年代半ばまでミュージカルの大作映画を作り続けます。豪華な俳優、豪華なセット、豪華な衣装、素晴らしい音楽が特徴です。

ミュージカル映画の全盛期で、この時代のミュージカル映画の完成度が高すぎて1950年代以降はこの時代を超えるような作品が出てきていない状況です。

2016年に公開された「ラ・ラ・ランド」にはMGMスタジオのミュージカル映画をオマージュするシーンがたくさん入っています。(それ以外の時代もたくさん入っています。)

シアターダンス

ブロードウェイ・ミュージカルで踊られるようなダンスを「シアターダンス」といいます。

メロディ重視の踊りになることでかなり洗練されたスタイルに変化します。

上半身は優雅にこなし、下半身は複雑なステップを踏む。これがシアターダンスの特徴となりました。

1951年公開、フレッド・アステア主演「恋愛準決勝戦」。このような革新的なダンスがこの時代数々登場しています。

天と地がひっくり返るアイディアはいろんな映画に取り入れられています。最近では「インセプション」でも同じようなシーンがありました。

ザッツ・エンタテインメント

このMGMミュージカル映画のハイライト集の映像作品があります。僕はVHSで持っていますが、何度も何度も観ていました。

シアタータップ

フレッド・アステアのもうひとつの貢献がタップダンスです。

タップダンスがフレッド・アステアによりもう一歩進みます。ボー・ジャクソンは足の裏を使ってタップを踏んでいましたが、フレッド・アステアはつま先も使い、タップのバリエーションが広がります。

ボー・ジャクソンが踊っていたタップはリズムタップ。

このリズムタップにジャズダンスを取り入れたのがシアタータップです。

フレッド・アステアはこのシアタータップの発展の立役者です。燕尾服でタップを踊る姿。フレッド・アステアが印象づけました。

ブロードウェイの劇場で必要とされる華やかな動き、ジャズダンスの要素が取り入れられた「シアタータップ」

スタイリッシュなだけでなく茶目っ気のある踊りが印象的です。

シアターダンスは、優雅なジャズダンスとシアタータップの組み合わせです。そのため、ジャズダンサーは基本的なタップは必須のスキルとなっています。

第2次世界大戦

そして1939年~第2次世界大戦がはじまります。

この影響により、ジャズダンスの発展が一旦ストップしてしまいます。

kazu

今回は「ジャズダンスから派生したシアターダンス」の紹介でした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちらです。