jazz

「ロスノフスキ家の娘」上巻のあらすじは?
評価は高い?
印象に残った部分は?

「ロスノフスキ家の娘」は1982年に出版されました。この作品は1979年に出版された「ケインとアベル」の続編です。

1982年に女性の自立を描いていてかなら先見性があると思います。いまだに女性大統領が実現していないアメリカ。女性総理の実現がまだまだ遠そうな日本。世界が進んでいないことにがっかりしながらも、女性がイキイキと描かれていて素晴らしい作品です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。小説は映画化されているものを読むことが多く、映画との違いを楽しんでいます。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

この記事はジェフリー・アーチャー著「ロスノフスキ家の娘」上巻のあらすじと感想、批評サイトの評価を紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと、きっと「ロスノフスキ家の娘」が読みたくなると思います。小説を読み終わったあとは誰かと一緒に感想を言い合いたくなってしまいます。そんな気持ちになっている方に向けた記事にもなっています。(基本的にポジティブなことしか書きません。)

「ケインとアベル」の別視点

スゴイのが、「ケインとアベル」の下巻と「ロスノフスキ家の娘」の上巻は、マルっと同じ時間を描いています。

「ケインとアベル」では、ウィリアム・ケインとアベル・ロスノフスキの視点で物語が進みます。

一方の「ロスノフスキ家の娘」ではケインの息子のリチャードと、アベルの娘のフロレンティナの視点で進行します。

昔読んだ「冷静と情熱のあいだ」のような感覚になりました。この作品は同時に2冊発売され、同じ出来事を男性の視点(辻仁成著)と、女性の視点(江國香織著)で描いている作品です。

「ロスノフスキ家の娘」は、「ケインとアベル」の小説があまりに売れたため続編が発表されました。「冷静と情熱のあいだ」では最初から2冊発売されることが想定されていましたが、「ロスノフスキ家の娘」は後づけの小説ということに驚かされます。

同じ作品を別の視点でみることができる贅沢をぜひ味わってください。

めがね

ちなみに絶版になっているので中古や、図書館で探してみてください。

「ロスノフスキ家の娘」のあらすじ

前作の「ケインとアベル」ではホテル王アベル・ロスノフスキと、銀行家ウィリアム・ケインの人生と対立が描かれました。今作ではアベルの娘であるフロレンティナ・ロスノフスキが主役です。

フロレンティナはポーランド移民2世でありながら父親の成功により、恵まれた環境で育ちます。はじめて話した言葉は「プレジダンク」。これは小さすぎて大統領である「プレジデント」をちょっと間違えてしまった言葉です。そのころ大統領だったフランクリン・ローズヴェルトのことを言っています。

この初めての言葉からわかるように、「ロスノフスキ家の娘」はフロレンティナがアメリカ初の女性大統領を目指す話です。

上巻

上巻では、幼少期から政治の世界に入る前の30代までが描かれます。

「ケインとアベル」が聖書にちなんでいるように、「ロスノフスキ家の娘」も聖書にちなんでいます。原題は「The Prodigal Daughter(放蕩ほうとう娘)」です。新約聖書の「放蕩息子の帰還(The Return of  the Prodigal Son)」からとられています。

放蕩息子の帰還

財産を生前分与してもらった息子。その財産を放蕩(好きなように散財)に使ってしまう。死ぬ寸前までいき、自宅に戻ることを決意。

今までの行動を悔い「息子としてではなく雇い人として家に置いてくれ」と父に頼む息子。そんな息子を父は快く息子として迎え入れる。

「あわれみ深さ」のたとえ話としてよく引用されます。

今作も前作同様、キャッチーな題名にするために聖書から引用しているだけで内容はまったく関係ありません。

幼少期から政治に興味を持つフロレンティナ。理想的な家庭教師であるミス・トレッドゴールドの助けを借り、素敵な女性に成長します。その過程では傲慢ごうまんさからくる大きな失敗、挫折もありました。

大人の女性としてひとりだちすると、父アベルの宿敵ウィリアムの息子であるリチャードと恋に落ちてしまいます。

猛反対され、駆け落ちをしてしまうふたり。数々の苦難を乗り越えて幸せを手にすることはできるのか…。

評価は高い?低い?

「ロスノフスキ家の娘」上巻の評価

ハイブリット型総合書店「honto」より

絶版になっているので評価の数が低いのですが、☆2以下はありません。

フィクションとノンフィクションがすごくうまく混ざっているので、実際にいない人物もあたかも実在したかのように感じられます。本当にいるのかな、と思って調べてみると架空のキャラクターだった、ということもありました。

上巻だけでもあまりに多くのことが語られるのでかなり満足度の高い作品だと思います。

アメリカの近代史がよくわかる

この作品は極めて政治的な作品です。

移民としてアメリカンドリームを達成した家庭で育ったフロレンティナは民主党支持。伝統的な家庭に育つリチャードはバリバリの共和党。共和党、民主党、どちらにも加担することなく話が進んでいくので、アメリカ近代の歴史がとにかくよくわかります。

ジェフリー・アーチャーは政治的なバックグラウンドや、有名な本を引用したりと、とても機知に富んだ表現をしているので、「なるほど…」と感じることも多かったです。

教育のヒント

教育的な観点からもこの本は読み応えがあると思います。

上巻の半分ほど個人家庭教師のミス・トレッドゴールドという人物が登場します。4歳から17歳までフロレンティナと一緒に生活をし、帝王学(伝統ある家系の跡継ぎに対する、幼少時からの特別教育)ともいえる一貫した教育えお行います。

ミス・トレッドゴールドはとにかく忍耐強く教育をします。

フロレンティナは成長するにつれ、頭脳が磨かれ生意気にもなっていきます。この傲慢ごうまんさがもとでトラブルになってしまうのですが、忍耐強く見守るミス・トレットゴールド。フロレンティナが大学に入ってしまうと登場しなくなるのですが、要所要所でミス・トレッドゴールドのことが思い出されるほど、とても印象に残る人物です。

気づいたら自分がフロレンティナの視点になっていて、ミス・トレッドゴールドから教育を受けているかのような気分にさせられました。

kazu

フロレンティナとミス・トレッドゴールドとの別れの場面では自分のことのように涙が出てきました…。

ジェフリー・アーチャーの文章の素晴らしい部分です。

「ロスノフスキ家の娘」の気になった部分の覚書

ここからは個人的に気になった部分や、わからなかった言葉を箇条書きにして解決していきます。ネタバレしてるので注意。

50ページ:ポーランド人に対する偏見。アメリカでは大きな問題で黒人差別同様いまだに根深い問題です。本の中ではアイルランド人に対するイギリス人、ユダヤ人に対するナチスが例として挙げられています。

53ページ:「一生かたわでしょう」。「かたは」の意味がわからず…。かたは(片端)とは、体に完全でないところがあること。

56ページ:「ポーランドの伝説的英雄タデウシュ・コシチュシュコ(文章ではコシューシコと表記。現在はコシチュシュコと表記される)」。1793年、ポーランド支配を拡大するロシア帝国などと戦い、ポーランド・リトアニア共和国の復興を目指したが失敗。

56ページ:「キチン」。キッチンのことを出版年の昭和58年は「キチン」と表記。

67ページ:「パール・ハーバー」。日本人として、パール・ハーバーが登場すると胸が締め付けられる。

79ページ:「アンフィシアター」。古代ローマ劇場のように、半円形のステージとすりばち状の客席の劇場。

95ページ:「アバクロンビー・アンド・フィッチ」。1945年当時、靴専門店だったことにびっくり。名門学校と癒着し、制服の靴を独占販売している例として登場。

95ページ:「スノバリー」。俗物ぞくぶつ(名声や利益ばかり気にする)や紳士気取りである態度や根性。

97ページ:「マコロン」。マカロンのこと。

97ページ:「オランダガラシ」。クレソンのこと。

103ページ:「ボールのライ」。ゴルフでのシーン。lie(横たわる)の意味で、ボールの位置のこと。

107ページ:「絶対に観客席にいる自分たちの親たちを目で探してはいけない、さもないと観客はあなた方が演じている役の人物を信じなくなってしまう、と注意を与えた」。フロレンティナが学芸会でジャンヌ・ダルクを演じるときにミス・トレッドゴールドがくれたアドバイス。かつて「ロミオとジュリエット」の舞台の上演で、出演していたノエル・カワードが同じく俳優のジョン・ギールグッド(アカデミー賞受賞)のことを舞台上から見てしまった。するとジョン・ギールグッドは途中で帰ってしまった。

113ページ:【フロレンティナはあいかわらず目に涙を浮かべていた。・・・「感情をむきだしにしてはいけません」。・・・アベルは、ひとりで坐って声をあげて泣いた。】アベルが離婚をフロレンティナに告げるシーン。心にズシッときました。

113ページ:「最新ヒット曲、まるで恋しているような気分(Almost like being in love)」。実際の曲はこちら。

117ページ:「メンスみたいなものだったら面倒なだけね」。月経のこと。

130ページ:「ベストやサックスやボンウィット・テラー」。ニューヨークの高級百貨店。

160ページ:【チャーチル婦人は、息子のウィンストンがある選挙で惨敗ざんぱいきっしたときに、『これは仮装を身にまとった祝福かもしれません』といっています」「『なんらかの仮装を……』ですわ」とフロレンティナが訂正し、二人は声を揃えて笑った。】よく英語文化では引用を用います。それをサラッと訂正するシーンはいつ見てもオシャレです。

160ページ:「フロレンティナは、朝食前にミス・トレッドゴールドと話すときにはラテン語とギリシア語しか使わず、毎週末にはミス・アレンが論文を三題出題して、月曜の朝答えを提出させた。~」ここではフロレンティナの勉強量がこのようにどんどん羅列られつされていきます。度肝を抜かれました。

161ページ:「エドワード、こいつ」。急にフロレンティナらしくない言葉遣いでびっくり。ちょっと不思議な文章でした。

165ページ:【『わたしがどれほどあなたを愛しているかを知ったら、わたしを残して去ることはできないでしょう』
ミス・トレッドゴールドは微笑をうかべてその引用を聞き、つぎの一行をつけくわえた。
「『あなたを深く愛していればこそ、わたしは去らなければならないのです、ペルダーノ』」】
フロレンティナがミス・トレッドゴールドが去ってしまうことを知ったときに送った言葉です。引用文を使い、それをミス・トレッドゴールドが粋に返事をする。うなりました。

178ページ:「負託ふたく」。引き受けさせて、任せること。

193ページ:「家畜市」。家畜市場のこと。

196ページ:「MG」。イギリスのスポーツカーブランド。。現在は、中国の上海汽車グループ傘下で、タイ王国やインドなど新興国市場を開拓。

200ページ:「『波止場』や『ライムライト』や、ブロードウェイで『南太平洋』」。当時流行った映画やミュージカルが知れるのは嬉しいです。

207ページ:「シノプシス」。あらすじ。

216ページ:「庇」。ひさし。漢字が読めず…。orz

232ページ:「ソールズベリ・ステーキ」。牛挽肉にタマネギなどを混ぜて成形したものを焼いたもの。ハンバーグとの違いは牛肉を100%使い、パン粉などでかさ増しをしない。

253ページ:「アイドルワイルド空港」。ニューヨークの「ジョン・F・ケネディ国際空港」の前の名前。この空港はよく利用していたので、こんな名前だったのかとびっくり。

282ページ:「あんた」。ジョージがフロレンティナに向かい「あんた」と発言。ジョージらしくなく、言葉遣いに違和感。

286ページ:「ファイブ・オクロック・シャドー」。夕方に生えてくる青ヒゲのこと。1960年、ケネディとニクソンによる大統領選のテレビ討論で、ケネディの健康的な容姿に対し、ニクソンの青白くうっすらと生えたヒゲが話題になった。

300ページ:「」。子牛のこと。

314ページ:「一方で父親を憎みながら同時に愛せるということが不思議でならなかった」。フロレンティナの父アベルが、フロレンティナの夫リチャードの父ウィリアムを銀行職から解任させるという事件のあとのフロレンティナの心情。大人になりすごく理解できるようになったな…、としみじみ。

348ページ:「リチャードは戦闘に勝ったがまだ戦争に勝ったわけではなかった。」すごくイイ言い回しだな、と思いました。

364ページ:「プレジデンシャル・スイートはミスター・ジャガーという客に占領され、そのグループが九階全部を借りきっている」。ミック・ジャガー率いるローリング・ストーンズが登場。ローリング・ストーンズは、テレビをホテルの7階から放り投げた事件がある。数あるバンドの中でローリング・ストーンズを登場させてるセンスが光る。

373ページ:「脱兎」。「だっと」と読む。逃げ走るうさぎのこと。

以上気になった部分の紹介でした。

コスパ最強「Amazon Prime」で映画やドラマ

amazonプライムのお得なプロモーション
30日間無料
毎月 500円(税込)

長期割引、学割(50% OFF)あり

kazu

今回は「ロスノフスキ家の娘:上巻」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。