jazz

「白鳥の湖」にはたくさん種類がある?
もとのバージョンは今も見られる?
どのバージョンがオススメ?

「白鳥の湖」ほどいろいろなバージョンがあるバレエ作品はありません。

想像力を自由に働かせ、新しい「白鳥の湖」が今も誕生しつづけています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回はさまざまなバージョンの「白鳥の湖」をまとめていきます。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「白鳥の湖」の改訂版まとめ。プティパ、イワーノフ版とオススメ3選

基本形はプティパ・イワーノフ版

「白鳥の湖」は1877年初演です。しかし、初演は失敗に終わります。

1895年、復活上演され大成功しました。そのときマリウス・プティパとレフ・イワーノフによるバージョンが発表されました。

バレエ「白鳥の湖」に関してはたくさん記事を書いています。

「白鳥の湖」のあらすじ(すべての基本であるプティパ・イワーノフ版)
第1幕と第2幕の見どころポイント
第3幕と第4幕の見どころポイント
なぜハッピーエンドとバッドエンドがあるのか?
20以上のバージョンが存在(→お読みの記事)
英国ロイヤル・バレエ団「リアム・スカーレット版」
オーストラリア・バレエ団「グレアム・マーフィー版」

「白鳥の湖」は信じられなくらい様々な種類がありますが、基本形は存在します。

マリウス・プティパとレフ・イワーノフによる振付は完成度が高いため、多くのバージョンが2人の振付をもとにしています。

特に、第2幕の白鳥たちのシーンはそっくりそのままレフ・イワーノフの振付のまま使用されることが多いです。

そしてマリウス・プティパによる第3幕の民族舞踊とオディールとジークフリート王子によるグラン・パ・ド・ドゥもそのまま取り入れられることが多いです。

いろんなバージョン

ここからは改訂版「白鳥の湖」をどんどん紹介していきます。

代表的な「白鳥の湖」

初演年:振付師(上演されたバレエ団)

1895年:マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ版(マリインスキー・バレエ団)
1901年:アレクサンドル・ゴルスキー版(ボリショイ・バレエ団)
1933年:アグリッピナ・ワガノワ版(キーロフ・バレエ団→現在はマリインスキー・バレエ団)
1934年:ニコライ・セルゲイエフ版(ヴィック・ウェルズ・バレエ団→現在は英国ロイヤル・バレエ団)
1950年:コンスタンチン・セルゲイエフ版(キーロフ・バレエ団→現在はマリインスキー・バレエ団)
1951年:ジョージ・バランシン版(バレエ協会→現在はニューヨーク・シティ・バレエ団)
1953年:ウラジーミル・ブルメイステル版(モスクワ音楽劇場バレエ)
1963年:ジョン・クランコ版(シュツットガルト・バレエ団)
1964年:ルドルフ・ヌレエフ版(ウィーン国立歌劇場バレエ団)
1969年:ユーリー・グリゴローヴィチ版(ボリショイ・バレエ団)
1976年:ジョン・ノイマイヤー版(ハンブルク・バレエ団)
1981年:ピーター・ライト版(サドラーズ・ウェルズ・ロイヤル・バレエ団→現在はバーミンガム・ロイヤル・バレエ団)
1984年:ルドルフ・ヌレエフ版(パリ・オペラ座バレエ団)
1987年:マッツ・エック版(クルベリ・バレエ団)
1987年:アンソニー・ダウエル版(英国ロイヤル・バレエ団)
1996年:マシュー・ボーン版(アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ)
2000年:ケヴィン・マッケンジー版(アメリカン・バレエ・シアター)
2001年:ユーリー・グリゴローヴィチ版(ボリショイ・バレエ団)
2002年:グレアム・マーフィー版(オーストラリア・バレエ団)
2016年:アレクセイ・ラトマンスキー版(チューリッヒ・バレエ団)
2018年:リアム・スカーレット版(英国ロイヤル・バレエ団)

このなかで「白鳥の湖」の流れを変えるようなバージョンがあります。

まずは1933年のアグリッピナ・ワガノワ版です。中世の時代設定を19世紀に変更。ワガノワ版以降は時代設定が自由になりました。そして、1人2役で演じるオデットとオディールを2人に踊らせました。

そして1984年のルドルフ・ヌレエフ版です。前年の1983年、シュツットガルト・バレエ団のジョン・クランコ版に客演したルドルフ・ヌレエフ。いまいちわかりづらい王子の性格を深く表現したジョ・クランコ版に出演し、インスピレーションを得ます。王子の人物像を理解したヌレエフが1964年に自身で振付をおこないます。

ヌレエフ版以降、「白鳥の湖」は王子の人物像が深く表現されるようになりました。

プティパ・イワーノフ版に近いバージョン

さまざまなバージョンのなかで1895年のプティパ・イワーノフ版の振付にもっとも近いのは、1987年につくられたアンソニー・ダウエル版の「白鳥の湖」です。

ただし、現在はどのバレエ団でも踊られていません。ですが映像で残っています。

マリアネラ・ヌニェスとティアゴ・ソアレスの元夫婦の共演です。

第3幕を少しご紹介します。本来は2人の踊りもありますが、この映像ではオディールのソロ、ジークフリート王子のソロ、そしてフィナーレのコーダ部分のシーンです。

1982年版

振付のアンソニー・ダウエル本人の映像も残っています。

ナタリア・マカロワとアンソニー・ダウエルという伝説のバレエダンサー2人よる「白鳥の湖」です。

創作が許されている

同じタイトルなのに、こんなにも種類のある「白鳥の湖」。

自由に創作してもなぜか著作権に違反しない…。ある意味、二次創作といえるかもしれません。「白鳥の湖」が長く繁栄している理由はここにあるかも、と思っています。

映画にリメイクがあるように、「白鳥の湖」もリメイクされています。というより常にリメイクされつづけているのと同じ状況です。しかも制作者がかなり自由に自分のつくりたいようにアレンジすることができます。

「白鳥の湖」はつねにリメイクが許されているので、すたれることなく新たな生命いのちを手に入れ進化し続けています。

これからもきっと素晴らしい「白鳥の湖」が登場し続けると思います。

「白鳥の湖」3選

勝手に好きな「白鳥の湖」3つ選んじゃいます。

グレアム・マーフィー版

僕はグレアム・マーフィー版「白鳥の湖」が一番好きです。一番感動します!

グレアム・マーフィー版は、イギリス王室を舞台にしていてダイアナ妃、チャールズ皇太子、カミラ夫人を彷彿とさせる人物が登場します。

出演者が通常の「白鳥の湖」に比べると、少なくなっています。それぞれの登場人物にストーリーがあり、踊りにすべて意味があり、ストーリーと踊りが密接につながっています。

見終わったあとにジーンと来ます。こちらで紹介しています。

ケヴィン・マッケンジー版

悪役のロットバルトが魅力的な男性として登場するバージョンです。

ふだん爽やかな役をやるダンサーが悪役を演じるのも魅力的です。

ロットバルトが花嫁候補を惑わす踊りのシーンです。

4人の花嫁候補が催眠術にかけられたようになります。1:37の部分、抵抗しているかに見えたのポーランド王女が結局スーッとロットバルトに引き寄せられる場面は笑いも起こります。

ルドルフ・ヌレエフ版

こちらは王子の人物像をかなり掘り下げたバージョンで、悪役のロットバルトがとても重要な役に格上げされています。

さきほど紹介したケヴィン・マッケンジー版はヌレエフ版にかなり影響されていると思われます。

今は引退してしまったアニエス・ルテステュ、ジョゼ・マルティネス、カール・パケットです。一番最初に紹介したアンソニー・ダウエエル版は英国ロイヤル・バレエ団で踊られていて、ヌレエフ版はパリ・オペラ座バレエ団で踊られています。踊り方が全然違います。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「いろいろなバージョンの白鳥の湖」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。