jazz

「眠れる森の美女」はオーロラ姫は第2幕と第3幕どうなる?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

物語がどんどん盛り上がってくる「眠れる森の美女」第2幕、そしてクライマックスの第3幕。

第2幕でついに王子が登場します。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は、バレエ「眠れる森の美女」の第2幕、第3幕の見どころポイントに関してです。

※3分ほどで読み終わる記事です。映像で予習できるようになっています。

オーロラ姫の演じ分けに注目

「眠れる森の美女」に関してはこちらでまとめています。

「眠れる森の美女」のあらすじと歴史
プロローグ、第1幕のポイント解説
第2幕、第3幕のポイント解説(→現在の記事)

第1幕では初々しかったオーロラ姫。第2幕では幻影の中の美しい理想の女性、第3幕では大人に成長した気品あふれる姫と成長していきます。

めがね

第2幕、第3幕にポイントを絞って解説します。

第2幕:ちょっと眠くなりがち

第2幕ではじめて王子が登場します。その名もデジレ王子。

前半は幻影のシーン、後半はカラボスと王子の対決、そしてオーロラ姫の目覚めのシーンです。

前半では、リラの精の助けによりデジレ王子がオーロラ姫と出会います。夢の中で出会うふたり。夢の中なので、音楽もゆったり。すでに第1幕までで1時間以上観ているのでだんだん眠くなってきてしまいます。森の妖精たちも登場し、かなり心地いい音楽が流れます。

はじめてオーロラ姫と王子が一緒 にパ・ド・ドゥ(2人の踊りという意味)を踊ります。主役二人の踊りは要チェックです!


(英国ロイヤル・バレエ団:金子扶生さん、ロベルト・ボネッリ)

このシーンが終わると王子が宮殿に向かい、カラボスとの対決になります。

躍動感のない対決

カラボスとの対決はけっこう躍動感がないことが多く、もしかしたらびっくりするかもしれません。

kazu

僕もいろいろなバージョンを観てきましたが、カラボスの横をサーっと通って、オーロラ姫にキス。

するとカラボスが勝手にほろんでしまう、というバージョンもありました…。

実質、この2幕で物語が終わります。

第3幕:踊りだらけ

第3幕はディベルティスマンと呼ばれます。

ディベルティスマン

ディベルティスマンはフランス語で「余興」という意味があり、バレエではストーリーに関係のない踊りのシーンのことをいいます。

第3幕はほぼディベルティスマンです。30分はオーロラ姫とデジレ王子が踊ることなく、おとぎ話のいろいろなキャラクターが舞台に出たり入ったり。長靴をはいた猫や赤ずきんちゃんはコミカルなので、緩急かんきゅうがついていて見やすくなっています。

最大の見せ場は一番最後です。主役であるオーロラ姫とデジレ王子のグラン・パ・ド・ドゥが最高潮となります。

グラン・パ・ド・ドゥ

主役ダンサーによる、男女の踊りのことで、流れが決まっています。

アダージョ(2人の踊り)
ヴァリエーション(男性のソロ)
ヴァリエーション(女性のソロ)
コーダ(高いテクニックが必要な2人の踊り。一番盛り上がります。)

クライマックスで踊られるのが、グラン・パ・ド・ドゥです。

グラン・パ・ド・ドゥの前にいろいろな踊りが展開されるので、ここでも体力を使い切らないように注意してください。

青い鳥のパ・ド・ドゥ

グラン・パ・ド・ドゥの少し前に盛り上がるのが、青い鳥のパ・ド・ドゥです。これもグラン・パ・ド・ドゥ形式になっていて、超絶技巧ちょうぜつぎこうを見ることができるシーンです。男性ダンサーが青い鳥にふんし、女性ダンサーが塔に閉じ込められているフロリナ王女を演じます。

この青い鳥のパ・ド・ドゥはかなり期待されている若手ダンサーが踊ることが多いので、要注目です。ときに、トップダンサーが踊ることもあります。そうなると、オーロラ姫とデジレ王子、青い鳥とフロリナ王女の2組のトップダンサーをみれることになるので、かなりのお得感があります。

この青い鳥のパ・ド・ドゥはダンサーが振付をしたと言われています。自分の技術を見せるために振り付けられ、完成度が高かったため振付のマリウス・プティパもそのまま採用せざるを得なかったようです。そのため、ダンサーのテクニックを堪能できるパ・ド・ドゥになっています。


(英国ロイヤル・バレエ団:最高位であるプリンシパルのヤスミン・ナグディ、マシュー・ボール。)

グラン・パ・ド・ドゥ

そして最後に一番盛り上がるのグラン・パ・ド・ドゥです。特に2人で踊るアダージョは寝てしまう危険性が高いので、体力を残しておきましょう!

振付もいろいろなバージョンがあるので、お気に入りの振付を見つけてください。このグラン・パ・ド・ドゥはガラ公演(いろいろな作品のグラン・パ・ド・ドゥを何個も踊る公演)でよく見かけます。


(吉田都さん、熊川哲也さん)
僕は12:12~の振付が好きです。ちなみに、このステップがないバージョンもあります。ちなみに、ちなみに、吉田都さんはオーロラ姫を30代前半で封印してしまいました。それほど難しい役ということだと思います。

このグラン・パ・ド・ドゥのあと、大団円だいだんえんを迎え幕が閉じます。

吉田都さん、熊川哲也さんが財団していた英国ロイヤル・バレエ団の映像です。

kazu

以上、バレエ「眠れる森の美女」第2幕、第3幕の見どころポイントでした。
ありがとうございました。