jazz

発音に自信がない?
ネイティブ並みに発音する必要ある?
発音記号は覚えたほうがいい?

発音がうまくいかない人はとても多いと思います。英語を話していて、発音が通じないと自信がなくなってしまいます…。僕も自分の英語を聞き取ってもらえず落ち込んだことがたくさんあります。

この記事を書いているのは…

僕は現在TOEIC905点を持ち日常会話が問題なく話せるようになりました。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしていたこともあります。その時は、TOEIC900点を超える担当生徒がかなりいました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。笑

kazu

今回の記事は、がっちゃんの動画の中から発音にフォーカスをあて紹介しています。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事は英語で苦しんでいる人ほど新しい気づきが得られます。英語の勉強をはじめたばかりの人から上級者まで勉強になる動画をご紹介します。(動画をみると時間がかかります)

youtuberがっちゃんの発音動画【まとめ】方法、コツ、リズム

素晴らしい発音は必要ない

僕が英語を教えていてすごく感じたのは、「完璧になってから英語を話したい」という生徒が多かったということ。「発音をネイティブ並みにしてから言葉を口から出していきたい」という生徒が多かったです。

ですが、そうなってしまうといつまでたっても口から英語が発することはありません。

重要なことは、キレイな発音はそんなに必要ではなく、通じる英語を話すことです。

日本語でもそうですが、言葉はどんどんハショられていきます。

ハショられる言葉

例えば、居酒屋に入ったときに「さっせー」と言われたら、日本人ならば「いらっしゃいませー」とわかると思います。

英語もまったく一緒で言葉がハショられることが多く、単語と単語がくっつく現象が起きます。例えば「in and out」。スペル通りに読むと「イン アンド アウト」ですが、こう発音する人はいません。3つの単語がくっつき「イネナ」と発音します。

重要なのは「発音のクセ」と「発音のリズム」をつかむことです。

発音(日本人が苦手な音を克服)

ここからは日本人が苦手な発音をご紹介します。

がっちゃんの動画によると、英語の発音では「ん」が3つの発音に分けられますが、日本語で「ん」は1つの発音表記しかありません。というより、1つだと思われています。

ですが、日本人が1つだと思っている「ん」の発音が、細かく分けると3つの「ん」ということはあまり知られていません。しかも、日本人はこの3つの発音を自然に口から出しています。

3つの「ん」

英語の「ん」は、「m」「n」「ng」で表記されます。

1、「おんな」の「ん」。このときに「な」を言う前に止めてみます。「おん(な)」。口をじゃっかん開けたまま舌が歯の裏につくの「ん」。これが1つ目の「ん」。
2、「らんま」の「ん」。このときに「ま」を言う前に止めてみます。「らん(ま)」。唇をくっつけたままの「ん」。これが2つ目の「ん」。
3、「キャンセル」の「ん」。1と2以外のほとんどがこの3つ目の「ん」です。口の中のどこにも力を入れない「ん」です。これが3つ目の「ん」。

このように「ん」の発音は厳密に3つに分けることができますが、日本人は自然にこの発音を使い分けています。それをさらに厳密に分けて発音しているのが英語です。

この知識があるだけで、英語の発音力がぐぐぐーっとアップします。

辞書には発音記号が表記されています。けっこう軽視されがちですが、発音記号を読めばしっかりこの使い分けがわかります。発音記号を勉強するのは、発音を鍛えるにはかなりプラスになります。

がっちゃんの動画

youtuberがっちゃんの動画で勉強していく方法です。こちらの記事で詳しい勉強法と、勉強のわかりやすい順番を紹介しています。

ここからは動画を紹介していきます。動画の下にはがっちゃんが動画に出した例文で日本語訳にしていない文章の訳を載せています(意訳です)。

発音の基礎知識

2倍速で見るのがオススメです。(次の動画が具体的な方法なのでこれは見なくても大丈夫かもしれません。)


20:10までで動画の内容がわかります。

フォニックスのさわり


11:40までが内容です。

英語上達法

がっちゃんの動画をうまく活用した体系的な上達法はこちらをご覧ください。

kazu

以上「がっちゃんの発音動画」の紹介でした。
どうもありがとうございました!!