jazz

「ニューヨーク・シティ・バレエ団」の新しいバレエ?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

ニューヨーク・シティ・バレエ団の動画が次々と公開されています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は初心者でも楽しめる「現代振付家の作品ばかりのニューヨーク・シティ・バレエ団、10/21」の公演です。

※1分ほどで読み終わる記事です。この記事はバレエ鑑賞初心者の方のために書いています。初めて「ニューヨーク・シティ・バレエ団」を観ても楽しめるよう映像で予習できるようになっています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団「デジタル・フォール・シーズン」

2020年デジタル・フォール・シーズンで配信中

ニューヨーク・シティ・バレエ団は毎年、秋から新たな1年が始まります。

ですが実際に公演ができないのでネットで過去の公演動画を配信しています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団に関してはこちらをどうぞ。

ニューヨーク・シティ・バレエ団では通常、3つの短い作品を1回の公演で上演します。公演時間は休憩含め2時間30分ほどです。

動画では1時間ほどになっているので、自宅でも見やすい内容になっています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団「21世紀からの声」

「白鳥の湖」や「ドン・キホーテ」といった有名なバレエは古典バレエといって、形を変えながらずーっと上演されています。

昔の作品は人気がありますが、現代にもバレエの振付家がいます。

とくにニューヨーク・シティ・バレエ団では毎年必ず新作が公開されています。

今回は今現在活躍している振付家による作品の動画です。今回の題名は「21st Century Voices」です。

アメリカ東部時間10月27日20時(日本時間:10月28日午前9時)までの公開となっているので注意ください。

「ロデオ」4つのダンスのエピソード (3つ目と4つ目)

音楽:Aaron Copland
振付:ジャスティン・ペック

振付はニューヨーク・シティ・バレエ団を代表し、2020年公開予定の「ウエストサイド・ストーリー」の振付でもあるジャスティン・ペックです。

出演:ブリタニー・ポラック、ジャスティン・ペック、ダニエル・ウルブリクト、ゴンザロ・ガルシア、アンドリュー・ヴェイエット

Brittany Pollack, Justin Peck, Daniel Ulbricht, Gonzalo Garcia, Andrew Veyette

2017年5月11日収録

「展覧会の絵画」(抜粋)

音楽:Modest Mussorgsky
振付:アレクセイ・ラトマンスキー

タイラー・ペック、スターリング・ヒルティン、サラ・マーンズ、アビ・スタッフォード
ゴンザロ・ガルシア、タイラー・アングル、ジョセフ・ゴードン、アーロン・サンズ、アンドリュー・ヴェイエット

Tiler Peck, Sterling Hyltin, Sara Mearns, Claire Kretzschmar, Abi Stafford
Gonzalo Garcia, Tyler Angle,, Joseph Gordon, Aaron Sanz, Andrew Veyette

2017年5月10日収録

「イヤー・オブ・ザ・ラビット」 (Year of our Lord pas de deux)

音楽:Sufjan Stevens
振付:ジャスティン・ペック

インディアナ・ウッドワード、テイラー・スタンレイ

Indiana Woodward, Taylor Stanley

2018年1月25日収録

「ポリフォニア」(抜粋)

音楽:Leonid Desyatnikov
振付:アレクセイ・ラトマンスキー

ローレン・ラヴェット、アンドリュー・ヴェイエット

Lauren Lovette, Andrew Veyette

2018年1月30日収録

「ロシアン・シーズン」 (引用)

音楽:György Ligeti
振付:クリストファー・ウィールドン

アビ・スタッフォード、サラ・マーンズ、アマール・ラマザール

Abi Stafford, Sara Mearns, Amar Ramasar

2017年4月26日収録

「Mercurial Manoeuvres」 (引用)

音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
振付:クリストファー・ウィールドン

タイラー・ペック、タイラー・アングル

Tiler Peck, Tyler Angle

2017年4月25日収録

「エビリウェア ウィー ゴー」 (フィナーレ)

音楽:Sufjan Stevens
振付:ジャスティン・ペック

マリア・コワロスキ、サラ・マーンズ

Maria Kowroski, Sara Mearns

2019年10月3日収録

kazu

今回は「ニューヨーク・シティ・バレエ団、21世紀の声、10/21の回」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。

こちらからも見られます。