jazz

モダンダンスって何?
日本と関わりが深い?
モダンダンスとコンテンポラリーダンスは何が違う?

僕はモダンダンスのレッスンが好きです。ただ、日本ではあまり流行っていないジャンルです。

どちらかというとモダンダンスに似た、コンテンポラリーダンスの方が人気かもしれません。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「モダンダンスとコンテンポラリーダンスの違い」についてです。

この2つのダンスの定義はすごく曖昧なので、説明するときにかなり苦労します。僕なりの考えで、モダンダンスとコンテンポラリーダンスの歴史と解釈をご説明します。

※3分ほどで読み終わる記事です。

モダンダンスとコンテポラリーダンスの違い

モダンダンスとコンテンポラリーダンスの違い

まずかんたんに説明します。

モダンダンス

メソッド(トレーニングの指導法)がある

コンテンポラリーダンス

決まった形がない

モダンダンスのレッスンは流れが決まっています。ですが、コンテンポラリーダンスのレッスンは先生によって内容がまったく違います。

ダンスの歴史

コンテンポラリーダンスとモダンダンスの違い

おおまかなダンスの歴史です。モダンダンスやコンテンポラリーダンスはバレエから派生して登場しました。

さらに詳しくはこちらをどうぞ。

モダンダンスもコンテンポラリーダンスも基本は古典舞踊であるクラシックバレエです。

クラシックバレエは、手の位置、足の位置が明確に決まっています。この決められたポジションから外れることは許されません。中でも一番難しいのが足のターンアウトです。

ターンアウト

ターンアウト

ターンアウトとは、かかとを支点につま先を180°開く技術です。

ターンアウトができるかどうかは骨格に左右されます。生まれつき骨格が恵まれていない場合、ターンアウトが習得できなかったり、習得するために相当の努力が必要です。

例えば、バレエ大国ロシアのバレエ学校「ワガノワアカデミー」では生まれつきの骨格が入学条件になっています。これは本人だけでなく、両親の体型や骨格まで審査対象となります。この試験に通ったとしても学年が上がるごとに審査は厳しくなり、全員が卒業できることはありません。

バレエダンサーは足を180°開くことができないと技術が完成されません。大人になると骨がかたまってしまうため、バレエは小さいころからはじめないとなかなかプロになるのが難しくなります。

ダンサーは毎日0.01°でもさらに開くよう訓練をしています。そしてプロになったとしても身体がもとに戻らないようバレエダンサーは毎日バーレッスンを行います。というのも180°足が開いている方が不自然なので、人間の身体は元に戻ろうとするためです。

バレエの世界はとにかく厳しいです。もし、18歳までにプロとして活動を始めていない場合、バレエダンサーとしてやっていくのはほぼ不可能だと思います男性が日本で踊る場合、たまに例外はあります。

モダンダンスとは

モダンダンスは、1900年代に生まれました。創始者はイサドラ・ダンカンという舞踊家です。

イサドラ・ダンカンはバレエに息苦しさを感じていました。より自由な表現を求めイサドラ・ダンカンがバレエシューズを脱ぎ捨て、「はだし」で踊りはじめたときにモダンダンスが生まれました。

それまでダンスは誰でも踊れるというものではなかったのですが、モダンダンスの登場によりダンスがかなり身近になりました。

モダンダンス

モダンとは「現代」という意味です。およそ100年前、このイサドラ・ダンカンの踊りは「現代」の踊りだったので、モダンダンスと呼ばれました。

マーサ・グラハムの登場

そして、モダンダンスの世界を確立した人物が何名かいます。その中からマーサ・グラハムを紹介します。

マーサ・グラハムは、モダンダンスのテクニック法を確立しました。現在、世界中のダンススクールでマーサ・グラハムのレッスンが取り入れられています。

kazu

僕もアメリカの大学に留学した時、バレエのレッスン同様、マーサ・グラハムのレッスンが毎日ありました。本格的なレッスンでは、必ずパーカッショニスト(打楽器奏者)がいて、生でドラムや打楽器をたたいてくれます。

日本ではこうしたレッスンがなく非常に残念です。

マーサ・グラハムカンパニー

Ben Schultz and Charlotte Landreau in Martha Graham’s Cave of the Heart . © Brigid Pierce.

表現の上達

モダンダンスは表現の上達にとても役立ちます。なぜ表現が上達するかというと、ひとつひとつの動きに意味があるからです。

ちなみに、モダンダンスは18歳からはじめてもプロになることができます。 むしろ18歳くらいじゃないとモダンダンスを理解するのが難しいです。

モダンダンスは精神的な成熟が求められるダンスです。与えられた振付を踊るだけでは、ただの動きの連続になってしまいます。先生に教えられたことをただこなしているだけではダメで、自分の頭でしっかり考えることが求められます。

自分で考えられるダンサーになることが求められるため、ダンサーとしてレベルアップが期待できます。そのため、海外ではモダンダンスがレッスンに積極的に取り入れられています。

日本人は海外のダンサーに比べると表現力が足りていない、といわれることが多いです。表現力を広げたい場合、モダンダンスはオススメです。

モダンダンスで食べるのは難しい

ひとつ大きな問題があるとすると、モダンダンスで生計を立てることが難しい点です。公演にはなかなか人が集まりません。アメリカに留学していた時、僕はモダンダンスの公演によく足を運んでいました。そこで気づいたのは、観客が明らかにダンスをやっている人や、ダンス関係者ばかりだったということです。

モダンダンスが重要なジャンルであることは間違いなく、レッスンの需要は高いです。ですが、公演の需要はかなり少ないです。今、モダンダンスの公演は古臭くなっていて、衰退している状態です。

モダンダンスと日本の関係

モダンダンスは日本文化に大きな影響を受けています。バレエの舞台装置はとても豪華ですが、モダンダンスの舞台装置はとてもシンプルに作られています。そして、マーサ・グラハムの作品では、日本にルーツを持つイサム・ノグチが舞台装置を数多く担当していました。ちなみに衣装もシンプルです。

日本のわび、さび

モダンダンスの考え方は、日本の「わびさび」の観念と非常に近いものがあります。つまり「シンプルなものに美しさを見出す」という美意識です。

時々、難しいなーと思うこともありますが、モダンダンスの舞台ではカラダだけで素晴らしい表現をするダンサーがいます。モダンダンスの作品は、ズシズシ伝わってくることが多いです。

ただし、「楽しい」と感じづらい作品が多いのも事実です。

コンテンポラリーダンスの登場

モダンダンスの流れからコンテンポラリーダンスが登場します。「コンテンポラリー」という言葉は、これまた「現代的な」という意味です。

コンテンポラリーダンスには決まったテクニックがありません。作品は振付師に完全にゆだねられ、レッスンは先生によって内容がまったく異なります。

モダンダンスとコンテンポラリーダンスの定義

モダンダンス:メソッド(トレーニングの指導法)が確立されている
コンテンポラリーダンス:メソッドがない

僕はこのように理解しています。

モダンダンスで生活するためには

僕はアメリカにダンス留学をしていました。

ジャズダンスを専攻していたのですが、バレエとモダンダンスのレッスンは必須でした。さきほどのダンスの歴史からわかるように、バレエとモダンダンスをやっていると必然的にジャズダンスのスキルがアップします。

というのもジャズダンスはバレエとモダンダンスと関係が深いからです。

バレエは踊りの基本なので、大学でレッスンが必須でした。ただ18歳を超えて大学でダンスを習っているということは「バレエで生きていくことが難しい人たち」と大学側も理解しています。

プロのバレエダンサーはだいたい18歳ごろにはバレエ団に所属しています。大学は、ジャズダンス、コンテンポラリーダンスのジャンルで生きていく方法や、俳優として生活していく方法を示してくれていました。

そのため、大学でダンス専攻の学生は、副専攻を積極的にとるようすすめられます。それは、ダンスで生きていけない場合を考えてのことです。

モダンダンスで生活するのはかなり厳しく、コンテンポラリーも似ています…。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

以上、モダンダンスとコンテンポラリーダンスの紹介でした。
ありがとうございました。

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。