jazz

「マイヤーリンク(うたかたの恋)」のあらすじは?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

英国ロイヤルバレエ団の大人向けバレエ「マイヤーリンク(うたかたの恋)」。

このバレエはバレエ鑑賞としては上級者向けです。

というのもバレエのイメージとは180°逆の作品だからです。

人間のドロドロした部分を描き出す、とてもめずらしい作品です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「うたかたの恋」の詳しいストーリーをご紹介します。

※5分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと「うたかたの恋」の内容がしっかりわかります。

バレエ「マイヤーリンク(うたかたの恋)」のあらすじ

史実をもとにしたバレエ

原題は「Mayerling」。スペル上「g」ですが、発音は「マイヤーリンク」となります。昔は「マイヤーリング」と言っていた気がしますが、いつの間にか変わりました。

マイヤーリンクとは地名のことで、ルドルフ皇太子が自殺した場所であり、マイヤーリンク事件の舞台です。ケネス・マクミランは「うたかたの恋」を創作するにあたり、脚本や、編曲を専門家に頼み、初めてチームを組んだそうです。

「うたかたの恋」は同名の映画があります。マクミランはこの映画に着想を得てバレエを作ったようです。この「うたかたの恋」は史実に基づいていることもあり、歴史を知っている人にとって興味深い作品だと思います。

ルドルフ皇太子の死に関わる人物は、ほぼ出てきます。エリザベート皇后(ルドルフの母)はミュージカルにもなっていて、魅力がある人物・題材なんだと思います。

ルドルフ皇太子が死に至るまでの8年間

バレエの物語は、ルドルフ皇太子がすでに精神的に追い詰められている状態から始まります。そのため、ポジティブな感情が一切ありません。

ケネス・マクミランはなぜこの題材を選んだのかが非常に気になります。

ちょうどこの時代、世界屈指のバレエダンサーであるルドルフ・ヌレエフが、男性ダンサーの地位を向上させています。ヌレエフ以前は、男性ダンサーは女性ダンサーのサポートにほぼ徹していました。それを大きく変えたのがルドルフ・ヌレエフです。

マクミランもヌレエフと同時代に男性を主人公にしたバレエ「うたかたの恋」を発表しました。

かんたんなあらすじ

1889年、オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフが、17歳の愛人マリー・ヴェッツェラとマイヤーリンクで心中をとげる。

ルドルフは実の母であるエリザベート皇后から愛されず、政治の道具として使われてしまう。

どんどん正気を失っていくルドルフと、ルドルフを取り巻く5人の女性の物語です。とても血生臭い、ドロドロした物語です。


Mayerling trailer (The Royal Ballet)

途中にでてくるテロップは、「事実は小説より奇なり」「情熱と狂気。マクミランの最高傑作」と出ています。

シーンの数が多く、どんどん舞台が展開していきます。

謎多きマイヤーリンク事件

結局、マイヤーリンク事件の真相は闇のままとなっています。最近、マリーが母に宛てた手紙が銀行から見つかったということで話題になりました。マリーのお墓は事件後に荒らされてしまい悲劇的な状況が続いています。

この作品はとにかくアンバランスです。華やかにみえるハプスブルク家は崩壊し、完璧にみえる王室はガタガタな関係、素敵なカップルが浮気をし、少女のようなマリーが狂気を抱えています。正常と狂気は紙一重。現代の我々が抱えている問題を表現しているかのようです。この作品が40年前に作られたのにも関わらず、いまも色褪せないのはこうした理由からかもしれません。

マクミランの振り付けたバレエは演劇的と言われます。中でも「うたかたの恋」は、圧倒的な演技力と技術力が試されます。「うたかたの恋」を枯らさず、上演し続けるロイヤルバレエ団に拍手喝采です。

制作・キャスト

初演:1978年2月15日

ロンドン(イギリス):コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウス(英国ロイヤル・バレエ団)

振付:ケネス・マクミラン
台本:ジリアン・フリーマン(小説家)
音楽:フランツ・リスト
編曲:ジョン・ランチベリー編曲
美術・衣裳:ニコラス・ジョージアディス

登場人物

ルドルフ皇太子・・・オーストリア・ハンガリー帝国の皇太子。フランツ・ヨーゼフ皇帝の嫡子
マリー・ヴェッツェラ・・・ルドルフの最後の愛人で心中時は17才。男爵令嬢ではあるが普段宮殿に出入りは許されていなかった

ステファニー皇妃・・・ルドルフ皇太子の妻。ベルギー王家の出身
フランツ・ヨーゼフ皇帝・・・オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝。ルドルフの父エリーザベト皇后・・・フランツ・ヨーゼフ皇帝の妻。ルドルフの母

ラリッシュ伯爵夫人・・・ルドルフの前愛人(史実では従姉妹)。ルドルフとマリーの仲を取り持つ
ヘレーネ・ヴェッツェラ夫人・・・マリーの母。コンスタンチノープルの銀行家の娘。上流階級に食い込もうと必死

ブラットフィッシュ・・・ルドルフのお気に入りの御者(運転手)
ミッツィー・カスパール・・・高級娼婦。ルドルフの一番お気に入りの愛人
”ベイ”・ミドルトン大佐・・・英国の騎兵将校。エリーザベト皇后の愛人

舞台に出てくる人物は群舞を含め、すべての役にストーリーがあります。そのため誰を観ても舞台上の人物はいきいきと演技をしています。とても満足感の非常に高い舞台です。

上演時間

第1幕:40分
第2幕:52分
第3幕:45分

興味を持った方はさらに詳しい内容はこちらで紹介しています。

オススメDVD

94年版と少し古いですが、かなり評価の高いDVDです。イレク・ムハメドフ、ヴィヴィアナ・デュランテ、レスリー・コリアの熱演が光ります。

kazu

何年か前に日本にロイヤルバレエが持ってきたこともありました。たぶん日本人好みの作品だと思います!
ありがとうございました。