jazz

ダンス上達のための秘訣は?
動画のレッスンには意味がある?
オススメ動画は?

ダンスを始めた当初はわからないことがたくさんあり、慣れるまでに時間がかかるという人も多いと思います。

不安な気持ちがスーッとなくなるといいな、と思い記事にしています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。今もレッスンは継続中でフリーのダンサーとして活動中です。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ダンス上達の基本的な考え方」についてです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ジャズダンス上達のポイント。レッスンにはたくさん通うべき?

ダンスのレッスンだけで身体づくりは出来る?

「ダンスレッスンをしっかり受けていれば勝手に身体を鍛えることができる」と言うダンスの先生もいます。これは事実な部分もあって、ダンスは思った以上にカロリーが消費されます。

僕が踊っていたテーマパークのバレードは、1回だけで1,500キロカロリー以上も消費します。

めがね

1,500キロカロリーはサッカー1試合に相当します。

そのため、ダンスのレッスンを受けるだけでかなりのカロリーが消費され、身体がシャープになります。身体がシャープになると動きにキレが出ます。

そして、ダンス上達には外側を鍛えるだけでなく、内側の表現力を鍛えることも欠かせません。しかめっ面で踊っている人と、楽しそうに踊っている人では上達に大きな違いが出てきます。

ダンス上達への道

【メイン】
①ダンスレッスン
②表現力を鍛える

【補助トレーニング】
③カラダ作り(ストレッチや体幹トレーニングを含む筋トレ)

また、足を高く上げるためにはストレッチが必要で、美しいポーズをキープするためには筋トレも必要です。

あるレベルまで達するとレッスンだけではどうにもうまく行かなくなるダンサーも出てきます。例外的にダンスのレッスンだけで十分という、肉体的に恵まれている人もいます。ダンスのレッスンだけで自然と均整のとれた筋肉がついてくるというタイプの人です。

そうでない場合(たいていの場合は肉体的に恵まれているとはいえません)、自分でカラダ作りをしていく必要が出てきます。

ダンスレッスン

今回はダンスレッスンに関して掘り下げていきます。どのダンスも同じですが、上達するためにはとにかくダンスレッスンに何回も通うことが重要です。

初心者のうちはステップの名前や動きを覚えることで必死になると思います。上達具合は、レッスンに通った回数に比例します。

週1日のレッスンの場合、慣れるまで3ヶ月ほどかかることもあります。それに対し、毎日のようにレッスンに通っていれば1週間で慣れてしまうこともあります。

めがね

レッスン時間を確保することに重きを置きましょう。

初心者のうちは通い放題がオススメ

中級になるまでは、たくさんレッスンに通うのがオススメです。中でも、レッスンに通い放題のスタジオは、かなりイイと思います。平均的な相場は1ヶ月12,000円ほどだと思います。

東京などの主要都市では、通い放題のスタジオを見つけやすいです。

はじめは一気にレッスンに通ってみるのもイイ

kazu

少し僕の話を紹介します。

ぼくは大学時代、2年ほど徹底的に通い放題のスタジオに行っていました。

小さい頃バレエをやっていましたが、興味が移りダンスとは離れていました。ですが、大学時代にダンスを本格的に再開します。ふつうにダンスサークルに入ろうと思っていたのですが、自分にはピンと来ませんでした。

でもダンスはやりたい!

よくよく考えたら「自分でレッスン通えばイイんだ!」と思いつき、東京の新橋にある「Zeal Studio」という通い放題のレッスンに行くようになりました。

12,000円ほどで、1日中通い放題でした。(今は当時に比べるとだいぶレッスンが縮小しています。)

zeal studioには、ありとあらゆるダンスのレッスンがあり、昼間はジャズダンスやバレエ、夜はストリート系のダンスレッスンが多くありました。僕はジャンルにこだわることなく、とにかくいろいろなダンスを一日中受けていました。

初心者向けのレッスンに通っていたので1レッスン60分と少し短めです(通常は90分)。60分だと脳みそがパンクしないので、一日にいくつものレッスンを受けることができたんだと思います。

多い時は、1日6時間受けていたこともありました。(大学行けよ…、という話ですが…)

この時期に飛躍的にダンスがうまくなったと思います。通い始めて1年、力試ちからだめ力試しで受けたテーマパークダンサーに合格しました。

多くのジャンルを踊るべし

ジャズダンスは、いろいろなスタイルのダンスを吸収し変化してきました。

ヒップホップが登場してから、ヒップホップジャズというジャンルができたように、ジャズダンスは他ジャンルのダンスをうまく取り込むという特性があります。

ジャズダンスといえば、バレエっぽい動きを想像することが多いと思います。ですが、これはかなり狭い考え方かもしれません。ジャズダンスは種類がたくさんあって、どんなジャンルも入り込んできます。

AKB48みたくアイドルが踊るようなダンスもジャズダンスといえるし、エグザイルが踊るダンス(本来はヒップホップ)もジャズダンスに分類することが可能です。

逆に言うと、いろいろなジャンルを踊ってみるとジャズダンスがうまくなったりします。伸び悩んでいる人がいたら、ほかのジャンルに挑戦することをオススメします。案外、スランプから脱することができたりします。

いろんなジャンルを踊るのはジャズダンス上達にかなりプラスになると思っています。

ダンスのレッスンはジャンルを問わず流れが似ているので、いろいろ受けてみるとレッスンに慣れることができるようになります。ジャンルをひとつに固めずいろいろなジャンルに挑戦するとダンスが上達しやすいです。

ジムのレッスン

ジムのダンスレッスンは超初心者の方以外、あまりオススメしません。

僕はティップネスやNASなど大きなジムに通っていました。大きなジムではダンスレッスンがあります。その時はレッスン目当てではなかったのであまり参加していませんでしたが、驚くほど一流の先生がレッスンを担当していました。

kazu

バレエのレッスンで、とあるバレエ団のトップダンサーの先生もいて「ウソ…。」と思ったことも…。

ですが、ジムのレッスンはダンスレッスンとは少し目的が違います。というのも、ジムのレッスンはさまざまな層の人が楽しく踊れるように設計されています。

もちろん先生によりますが、レッスンの組み立てが上達するには遠回りだな、と感じることが多かったです。

そのためオンラインレッスンもオススメです。youtubeではジャズダンスのレッスンを無料で観ることができます。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ダンス上達の基本的な考え方」のご紹介でした。
ありがとうございました。