Advertisements
jazz

フラダンスって男性でも大丈夫?
男性専門のクラスがある?
どういう風にレッスンが進んでいく?

日本だと女性がほぼ大半を占めるフラダンスのレッスン。ですが、男性でもフラダンスに興味がある人がいるんではないでしょうか?

ぼくもその一人でした。

僕はあるショーでフラダンスを踊る機会があり、自分に合っているな、と感じました。ずっと始めたいと思っていたのですが、チャンスがありませんでした。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。今もレッスンは継続中でフリーのダンサーとして活動中です。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「男性がフラダンスを始める方法」の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事はフラダンスを習いたい男性に向けた記事です。

初心者男性がフラダンスを始める方法。カネフラって知ってる?

フラダンスと日本舞踊は似ている?

フラ(hula)を訳すと「ダンス、演奏、詠唱、歌唱」となります。フラダンスを訳すと「ダンスダンス」という意味になってしまうので、ダンスを抜いてフラと言う人も多いです。

その昔、ハワイでは文字がありませんでした。フラは文字を持たないハワイの人々が文化や歴史を伝えるために踊っていました。

豆知識

ハワイ語の母音は日本と同じく「a」「e」「i」「o」「u」の5つ。

驚くことに子音は「h」「k」「l」「m」「n」「p」「w」の7つしかありません。

フラダンスはハワイの人々の人生を語る踊りです。そのため、振付の動きひとつひとつに意味があります。

kazu

長い間踊ることができ、年齢を重ねれば重ねるほど人生経験が深い踊りにつながっていくので、大好きです。

2種類のフラダンス

フラダンスは大きく2つ(現代フラ、古典フラ)に分けることができます。

西欧の楽器を取り入れ、ハリウッド映画や観光のためにショーアップされたはっきりとメロディーのあるフラダンスを「アウアナ(現代フラ)」。そして、伝統的な楽器で踊られる「カヒコ(古典フラ)」と呼ばれる古典的なスタイルがあります。

男性が踊るカネフラ

古典フラである「カヒコ」は、神や王を讃える踊りのため、かつては選ばれし男性しか踊ることができませんでした。

「カヒコ」は打楽器をメインに使用し、とても力強いです。

カネフラの「カネ」はハワイ語で男性を意味します。

男性と女性では踊りのスタイルが違います。男性には力強さが求められ、女性にはしなやかさの役割が与えられています。男性が女性の振付を踊ることはほとんどなく、女性も男性の力強いスタイルで踊ることはほとんどありません。

僕は個人的には男性が女性向けの振付を踊っても問題ないと思っていますが、女性しか受け付けていないレッスンも多いのでスタジオを選ぶときは事前チェックをオススメします。

男性はカネフラスタジオを探すべし

日本のフラダンスの人口は女性が40万と言われています。区民センターで頑張っている人を含めるともっとたくさんいます。

一方、男性は1,000人ほどと言われています。

もし男性でフラダンス、とくに男性の動きを踊るカネフラは、フラダンス専門のスタジオに行かないとレッスンが受けられません。

もっと気軽に始めたい場合は、女性向けの振付を行っているレッスンに参加するといいと思います。ただし先ほどお伝えしたとおり、男性でもレッスンを受けることができるかチェックをしてください。

kazu

ちなみに僕は、実際にフラダンススタジオでカネフラをはじめて3ヶ月ほどたちました!

実際にレッスンへ

ここからは、フラダンス専門スタジオのレッスンの流れをみていきます。

フラダンスのレッスンは、ほかのジャンルのダンスの教え方とかなり違い、初心者にも優しいです。

レッスンの流れ

1、詠唱(宗教的な側面。お祈り)・・・ないところもある
2、軽いウォーミングアップとストレッチ(準備運動)・・・ないところもある
3、基本ステップ
4、曲に合わせて踊る

ふつうのダンスレッスンではウォーミングアップでかなりの時間をとります。もし60分のレッスンであれば20分~30分はストレッチや基礎的なトレーニングを行います

ですが、フラダンスの場合5分~15分ほどで実際に踊っていきます。ですので、踊る時間がふつうのダンスレッスンに比べると長いので、楽しいと思います。

ダンスレッスンと何が違う?

通常のダンスレッスンは1ヶ月に1曲を完成します。1曲全部踊るときもあれば、サビだけの場合もあったりクラスのレベルや曲の長さで変わります。

ダンスレッスンで1曲の覚え方

基本的に1ヶ月(4週間)で1曲が完成します。そして、月が変わるとまた新しい曲が始まります。

休んでしまうと1週分がマルマル抜けてしまうのでついていくのはなかなか大変です。

そして1ヶ月かけて全部覚えた踊りも次の月には違う曲に変わってしまうので、なんとなく物足りない気持ちで次の月に行ってしまいます。

同じ曲をずーっと踊っていく

一方クムフラ(家元)がいるフラダンス教室では、クムフラが振付をした踊りを覚えていきます。

さきほど紹介したダンスレッスンと同様1ヶ月ほどかけて1曲を覚えていきます。

ですが、この1曲だけでなく以前覚えた振付も何曲か踊ります。メインで一曲教えてもらいつつ、昔覚えた曲もガンガン踊っていきます。フラダンスでは、一度覚えた曲を何度も踊るチャンスがあります。

同じフレーズが必ず2回繰り返される

そして振付は必ずといっていいほど同じ振付が連続で登場します。そのため、初心者の方でもかなり踊りやすいです。最初の1回で踊れなくても、2回目にリベンジできます。

たとえばこのフラだと同じ動きが2回ずつ繰り返されて一つの踊りになっています。

持ち物が楽

僕はいろいろなダンスレッスンに行きますが、フラダンスのレッスンに通うまではバレエのレッスンが一番ラクだと思っていました。というのもバレエのレッスンは、短パンとシャツ、バレエシューズだけを持っていけばいいのですごく楽です。

逆に面倒なのがヒップホップなどのストリート系のダンスです。ダボッとしたスタイルだと踊りがよく見えるので、太めのパンツ、大きめのシャツ、そしてスニーカーが必要です。けっこうかさばります。

フラダンスは一番ラクです。裸足で踊るのでシューズはいりません。ハーフパンツ、ふつうのTシャツにタオル、水を持っていけばOKです。

体幹トレーニングや腸活に

カネフラは腰を落として踊り、バランスが必要になるので体幹が鍛えられます。とくに男性は足腰が鍛えられるので、下半身がしっかりします。そしてお腹をよく動かすので、腸の動きも活発になると言われています。

発表会などのパフォーマンスに参加すると肌を見せる機会も出てくるので、どう見られているかという意識が出てくるかもしれません。

また、男性のフラダンサーは肉感がある人の方が迫力があります。そのため、太っていても何ら問題がありません。

僕もフラダンスに挑戦していますが、圧倒的にガリガリです…。ただ、そこまで気にせず踊っています!!

ダンス上達へ

ダンスがうまくなるためには、身体と知識を増やすことが重要です。

身体を鍛える

ダンサーはある程度スリムでありながら、爆発的な力やスタミナが必要です。ダンス上達に柔軟と体幹トレーニングは欠かせません。youtubeをうまく活用すれば自重の筋肉トレーニングと、体幹トレーニングで鍛えることはかんたんです。

そこに柔軟と体幹を一緒に鍛えられるピラティスとヨガも組み合わせるとトレーニングの質が上がります。ヨガ・ピラティスはyoutubeで学ぶのはなかなか難しい分野なので、実際のレッスンに通ったりオンラインでトレーニングするといいと思います。

とくに男性はオンラインを活用するのが一番ラクでかんたんです。

朝から晩まで好きなときにオンラインヨガ「アンダーザライト」

国内や海外の有名な先生のレッスンを、かなりお得にオンラインで受講できます。

一流の先生のレッスンを受け放題で、毎月7,000円はかなりオトクで、見逃し配信も充実しています。無料トライアルもあるので、とりあえず初めてみたい場合はオススメです。

男性会員強化中のピラティススタジオ「zen place」

ケガの予防、体幹トレーニング、プロスポーツにも取り入れられているピラティス。10人に一人が男性会員ということもあり、男性が参加しやすいのが特徴です。

ピラティススタジオとしては日本でもっとも有名なスタジオのひとつです。

SOELUでオンラインレッスン

生配信をメインに、いつでもみられる動画と並行でオンラインレッスンを受けることができます。ヨガだけでなくフィットネス動画が入っているのが特徴です。

ビデオレッスンのみは毎月480円とかなりオトクです。とりあえず初めてみたい場合はオススメです。

Amazonプライムビデオ

実はAmazonのプライム会員になると豊富なビデオを見ることができ、トレーニング動画も配信されています。一番気軽に始められると思います。

amazonプライム会員月額500円、学生会員250円
Amazon Prime 30日間無料トライアル

知識を増やす

プロの映像をみるとイイ動きが目に記憶され、自分自身の動きが良くなることがあります。今はネットやテレビでいろいろな作品を観ることができます。

さきほどの「Amazon」や「U-NEXT」、WOWOWもオススメです。1流の舞台のセレクトショップのような存在で、良質な舞台を観ることができます。

wowow

Advertisements
kazu

ということで今回は「男性のフラダンス」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。