jazz

「America’s got Talent」のジュリアン・ハフって誰?
どんな映画やテレビに出演していた?
どのジャンルのダンスが得意?

kazu

ゆりあんレトリィバァさんの「America’s got Talent」の動画が話題になってますね。僕も思いっきり笑いました!!

今回ご紹介するのは「審査員のひとりのジュリアン・ハフ」。ゆりあんさんのおかげでジュリアン・ハフの知名度が上がってとても嬉しい!!

女優としても活躍していますが、有名なダンサーでもあります。僕もとっても好きなダンサーです!!

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。今もレッスンは継続中でフリーのダンサーとして活動中です。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

ということで、ジュリアン・ハフさんをたっぷりご紹介します。ダンサーを目指す人必見です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと、映画やテレビでのキャリア、どんなダンスが得意かがバッチリ理解できます。

この投稿をInstagramで見る

 

Julianne Hough(@juleshough)がシェアした投稿

America’s got Talentでゆりあん大暴れ

まず何よりもゆりあんさんの活躍っぷり。世界であれだけ堂々と自分を表現できるゆりあんさんは本当に素敵です。

たぶん日本中が総ツッコミだったと思いますが、ゆりあんが自己紹介で「パフォーマーでダンサーです」っていうのも面白い!!

kazu

コメディエンヌちゃうんか!!笑

映像をどうぞ!!(英語力がとても素晴らしい)

ゆりあんが尊敬する ジュリアン・ハフの経歴

ゆりあんはリップサービスとしてジュリアン・ハフのことを好きと言っていたかもしれませんが、僕はジュリアン・ハフが大好きです。

ジュリアン・ハフ(Julianne Hough)

2007年、ジュリアン・ハフは「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に初登場。シーズン4~8までダンサーとして出演。ここでかなり知名度を上げました。その後シーズン17~21、23~25は審査員として参加しています。

その後、カントリーミュージックのCDを2008年に発売し、売れ行きも好調でした!

そして映画界に進出。

【映画の出演経歴】
2010 バーレスク(ジョージア役)

2011 フットルース 夢に向かって(アリエル・ムーア役)
2012 ロック・オブ・エイジズ

この後も毎年映画には出演していて、まだまだ大活躍しています。

「Dancing with the Stars」(邦題:アメリカン・ダンシングスター)

芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受け、ステージで勝ち抜きのダンス勝負を行います。芸能人同士が組むのではなく、必ずプロのダンサーとペアを組みます。

プロのダンサーとして出演していたのがジュリアン・ハフです。初登場のシーズン4で2002年ソルトレークシティーオリンピック、ショートトラック金メダリストのアポロ・オーノとペアを組みました。そして、ふたりはいきなり優勝します!!

アポロ・オーノは日系人で、日本でもイケメンとして話題になっていましたね。身体もしっかりしているので、リフトも軽々できるし、もともと身体能力が高いので、ジュリアン・ハフはちょっとラッキーな部分もあったかとも思います。でも運も実力のうち。

ちなみにお兄さんのデレク・ハフも出演していました。兄妹でテクニックがピカいち、かつ美男美女。

そして2人が踊っている動画です。

(0:37~踊りスタート)
兄妹でキレッキレのジャイブを披露! お兄ちゃんを肩車して歩いちゃいます笑。体幹が強い!!!

兄ちゃんのこの動画が好きです。

@derekhoughWhen your coffees too hot ##morning ##coffee ##babyyoda ##cat ##happyathome♬ sonido original – acb

バーレスク

僕がジュリアン・ハフを初めて知ったのは映画「バーレスク」です。オープニングで「すごく目立つダンサーがいるなー!!」というのが最初の印象でした。

ジョージアという役を演じています。下のサムネイルでちょうど右側にいるのがジュリアン・ハフです。赤毛で、少しグラマラスになっています。バーレスクダンスは肉感がある方がセクシーなので、きっと増量したんじゃないか、と思います。

1:58からの部分で右下にいるのですが、身体の可動域の広さと魅せ方にコロッといきました。笑

シェールの存在感がとにかく強いんですが、その存在感に引けをとらずジュリアン・ハフに目が行ったのを覚えています。

リメイク版「フットルース 夢に向かって」

そしてさらに衝撃を受けたのが「フットルース」のリメイクです。

もともと僕は1984年に公開された「フットルース」の大ファンです。ケヴィン・ベーコンが踊り狂っています。荒々しいテクニックに魂がこもった踊り。あの時代にしか撮ることができない作品です。今、ケヴィン・ベーコンは踊るイメージがまったくないので、ちょっとびっくりするかもしれません。

2011年公開の「フットルース 夢に向かって」は同じ内容の別キャスト版です。主演のケニー・ウォーマルド と ジュリアン・ハフ の踊りがとにかくいいです!!

ストーリーはオリジナルと同じで、同じ曲も使用されています。曲はオリジナルからイイ感じにアレンジされています!!

kazu

ただ夢に向かって、というなかなか安っちい副題が…。

「B級感が出てしまっていてこのタイトルが本当に残念…。」

ジュリアン・ハフは擦れた女の子アリエルを演じています。これだけガッツリ演技をしているジュリアン・ハフは初めてみましたが、ダンスムービーとの相性抜群です。


(ダンスは、0:52~)

そして出演しているダンサーがとてもいい!! みんなすごい楽しんで踊っているし、勢いもスゴイし、踊りがとにかくうまい!!!

ということで魅力あふれるケニー・ウォーマルド と ジュリアン・ハフが出演している「フットルース 夢に向かって」はとーってもいい作品なのでおすすめです。

kazu

今回は「ジュリアン・ハフ」の紹介でした。
ありがとうございました!

ダンサーの方は特に必見で、ジュリアンの踊りはスキルアップにオススメです。少しでも魅力が伝わっていると嬉しいです。