jazz

ジャズダンスってどんなダンス?
ちゃんとした定義はあるの?
どんな歴史がある?

ジャズダンスは幅が広すぎて、説明するのが本当に難しいダンスです。

「ジャズミュージックに合わせて踊るダンス」と思っている人もいると思います。これは間違っていないのですが、正解とも言えません。

実際、ジャズダンスの意味をわからないまま踊っている人もかなり多くいると思います。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。アメリカにダンス留学をしたときにダンスの歴史を学びました。アメリカではジャズダンス、モダンダンス、バレエ、コンテンポラリー、ヒップホップジャズなどなどかなり幅広く踊っていました。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ジャズダンスの本当の意味」の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事はダンスを習いたい方からダンサーを目指している方向けの記事です。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

ジャズダンスとは?歴史(起源~第1次世界大戦)からみる本当の定義

ジャズダンスとは?

ダンスの歴史を考える上でジャズダンスはバレエと同じくらい重要なダンスです。

ヒップホップ、モダンダンスやコンテンポラリーダンスなど今現在踊られているダンスを理解する上でジャズダンスは欠かせません。

ジャズダンスはアメリカ文化の多様性、アメリカの人種の多様性、アメリカの歴史、そして特にアメリカで流行った音楽に大きく影響を受けています。

ジャズダンスの歴史ジャズダンスの歴史(誕生~1910年代、アメリカ)

起源

ジャズダンスは、ジャズミュージックの歴史と共通点がかなりあります。

ジャズダンスは、アフリカから無理やりアメリカに連れてこられた黒人奴隷たちが起源になっています。そのためジャズダンスのリズムと動きは、アフリカンダンスに大きく影響を受けています。

アフリカンダンスのスタイルは、地を踏み鳴らし、重心を低く、ヒザを曲げ、身体を激しく動かします。裸足で大地を感じながら踊っていて、まるで身体から太鼓のリズムが鳴っているような踊りです。踊られている地域は、サハラ砂漠より南の場合が多いです。

儀式、コミュニケーション、歴史を伝えるため、そして日常を楽しむために踊られていました。

アイソレーションといってジャズダンスに必須のテクニックもアフリカンダンスが起源です。

アイソレーション

「分離、独立」という意味があり、身体の一部分だけを独立して動かすダンスのテクニックです。

16世紀~18世紀

1600年代、黒人奴隷は家族や部族、言葉を取り上げられ、無理やりアメリカに連れ去られてしまいます。

大西洋をまたぐ三角貿易 (16~18世紀) の奴隷売買

アフリカンダンスは、部族ごとに特徴的な動きがありました。アメリカに連れてこられた黒人たちが混ざり合い、さまざまな部族の踊りが融合されていきます。

さらに、ヨーロッパからアメリカに来た人々のダンス(バレエ、社交ダンスなどなど)も取り入れられ新たなダンスとなっていきます。

1740年代

1740年代、奴隷の禁止条例が作られ、黒人奴隷のアフリカのドラム、アフリカンダンスが禁止されてしまいます。

ですが、黒人奴隷たちの踊りたいという気持ちは消えず、条例に触れない形で残ります。それがゴスペルやストンプという形に変わりました。

ストンプ

足を強く踏みならすこと。また、足を踏み鳴らし、ときに手をたたき、ジャズミュージックに合わせて踊るダンス。


(ショーアップされたストンプ。全員で何も持たずに足を踏み鳴らしているのが純粋なストンプです。)

そして黒人の文化は残ります。

ジャズダンスの誕生

アフリカンダンスの音楽と動きの特徴は「リズム」にあります。

ジャズ

足でリズムをとり、手でリズムをとったり、歌もリズムが重要です。

この3つの要素を組み合わせたものを「ジャズ」と呼びます。

このジャズに合わせた踊りがジャズダンスのもともとの意味です!

ちなみに「ジャズ」という言葉がいつ登場して、誰が言い始めたのかは謎のままです。

1830年代

アメリカにはミンストレル・ショー(minstrel show)という暗い歴史があります。白人が顔を黒く塗り、黒人に扮したパフォーマンスを行うショーがありました。そして、白人が黒人の奴隷生活を演じるという、かなり差別的なパフォーマンスもありました。

ミンストレル・ショー(minstrel show)

ですが、このミンストレル・ショーがジャズダンスの歴史を語る上では欠かせないのです…。

ミンストレル・ショーではジャズダンスとジャズミュージックが人気となり、幅広く知られるようになりました。

ミンストレル・ショーやボードビル・ショー(vaudeville show)という「踊り、歌、手品、漫才」が一緒になったショーでは白人のスターがたくさん誕生しました。

ですが、黒人のパフォーマーが差別的に誇張された黒人を演じることは、かなり抵抗があり難しいものでした。黒人の世界を描いているものの、黒人のパフォーマーに居場所はありませんでした。

ヨーロッパへ

こうした経緯から、黒人のパフォーマーはヨーロッパに渡ります。

才能豊かな黒人が集まり、ヨーロッパでは革新的なジャズミュージックやジャズダンスが生まれます。ヨーロッパには黒人のパフォーマーの受け皿がありました。

ヨーロッパでも、ジャズダンスからさらにいろいろなダンスが派生していきます。

ブロードウェイ・ミュージカルへ

一方、ミンストレル・ショーはアメリカで独自に進化を遂げます。これが20世紀のミュージカルにつながります。1960年代、1970年代のブロードウェイ・ミュージカルにも影響が残りました。

特にコメディ・ミュージカルはミンストレル・ショーの形式をとっていて、ミンストレル・ショーがルーツと言っていいと思います。

1900年代

ニューオリンズでディキシーランド・ジャズ、テンポの速いラグタイムが登場。

ラグタイム (ragtime)

アメリカを中心として黒人音楽に強い影響を受けた音楽ジャンル。 ジャズのルーツのひとつであり、リズムのシンコペーション(強調)に大きな特徴がある。

モダンダンス(ヨーロッパ)

アメリカ出身のイサドラ・ダンカンが1900年頃にヨーロッパに渡ります。バレエの動きに否定的だったイサドラ・ダンカンは自分で創作する自由な舞踊をはじめます。

これがモダンダンスのはじまりで、イサドラ・ダンカンがモダンダンスの祖です。

振付師やダンサーに大きな影響を与え、ダンスに変革を起こしました。イサドラ・ダンカン自身は大のカメラ嫌いだったため、映像は隠し撮りされた1本しか残っていません。また、メソッド(方法論)がなかったため、イサドラ・ダンカンの踊りは現在見ることができません。

1910年代

ジャズミュージックとジャズ・ダンスは第1次世界大戦ごろまでにアメリカにゆっくり浸透していきます。

特に南部にいたアフリカ系アメリカ人が産業革命の仕事のために北部に移動します。そして北部にもアフリカ系アメリカ人の文化が広がっていきます。ラジオやレコードの登場がかなり影響しています。

1920年代の終わりまでにニューオリンズで生まれたディキシーランド・ジャズ、テンポの速いラグタイムがシカゴやニューヨークを中心にアメリカに広まります。

ジャズダンスがニューオリンズからアメリカ全土の主要都市へ

@arthist_101より

ジャズダンスはジャズミュージックとまったく同じように広がります。

ニューオリンズからアメリカの主要都市に広がり、ヨーロッパにまで広がっていきます。

なぜニューオリンズから?

ニューオリンズでは黒人奴隷と白人のこどもが「白人」として扱われていました。そのため教育も受けることができました。

この環境があったからこそジャズダンスが発展してくことになりました。

この当時のジャズダンスは今も残っています。そのため、ジャズミュージックに合わせて踊るジャズダンスを「ジャズダンス」といっても正解です。

一方、この時代からさらにいろいろなスタイルに枝分かれを始めていきます。

1915年

ヨーロッパからアメリカにモダンダンスが入ってきます。

1915年、ルース・セント・デニスは夫のテッド・ショーンとともにデニショーンの学校および舞踊団をロサンゼルスに設立します。カップルの名前を組み合わせた学校名…。今でいうジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスを合わせたジェレーナみたいな…。すごい仲が良かったのかもしれないですね。

ちなみにルース・セント・デニスは日本舞踊からも大きな影響を受けています。日本人舞踊家である貞奴さだやっこの踊りから東洋の研究も行っていました。

数多くの伝説的なモダンダンサーがこの学校を卒業します。

ただ1910年代、モダンダンスはアメリカではあまり受け入れられませんでした。そのため、モダンダンスの下地があるヨーロッパで公演を多く行っています。アメリカでは1920年代後半頃から徐々にモダンダンスが受け入れられるようになっていきます。

このモダンダンスもジャズダンスとのちに関わっていくことになります。

kazu

今回は「ジャズダンスの登場とその定義」の紹介でした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら↓