jazz

「ハートビート」のあらすじは?
映画サイトでの評価は?
印象に残ったシーンは?

ニューヨークを舞台にしたダンスムービーで、ストリートダンスのパフォーマンスがヤバいです。

サクセスストーリーとダンスのコラボは相性が最高です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画三昧。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

この記事は「ハートビート」のあらすじと感想、映画サイトの評価です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと、きっと映画が見たくなると思います。映画を見終わったあとは誰かと一緒に感想を言い合いたくなってしまいます。そんな気持ちになっている方に向けた記事にもなっています。(基本的にポジティブなことしか書きません。)

大喝采は静寂のあとにやってくる

舞台では、演技が終わると拍手が起こります。

拍手の大きさは、舞台の出来に比例します。

信じられないほど舞台が素晴らしかった場合。

まず静寂が訪れます。

観客が度肝を抜かれて、動けない状態です。

kazu

そこからの割れんばかりの拍手!!

僕も観客として、何回かこういう舞台に遭遇したことがあります。

「ハートビート」のしびれるシーンです。

ちなみに、漫画の「ソウルキャッチャーズ」でも同じことが語られていました。

あらすじ

プロのバレエダンサーを目指してニューヨークにやってきたルビーがある日、地下鉄でバイオリンを演奏するイギリス人青年のジョニーと出会います。ルビーは奨学金の資格がなくなりそうになり、ジョニーはバイオリンを盗まれ永住権を得られるという詐欺に引っかかってしまいます。

2人はツラい状況を抜け出すため行動を始めます。

そしてヒップホップダンスチーム「スイッチ・ステップス」を誘い、夢をかなえるため弦楽器&ダンスコンクールに出場します。

映画館で観ればよかった・・・

kazu

しびれました。

話としては、よくある話ではあるんですが、ダンスのレベルがとにかく高い。特にストリートダンスがスゴイ。

とりあえず映像どうぞ。


High Strung Dance scenes part 1

映画の中でメインのダンサーチーム「スイッチ・ステップス」です。

映像の撮り方がおしゃれ!!

ダンサー目線に立っていると思います。監督がもともとダンサー出身というのが影響しているんだと思います。

ダンスすごすぎ

さらにカッコイイのがこちら。

4分くらいの映像です。途中、スマホとのやりとりの映像が恐ろしくおしゃれ!!


High Strung – Hip Hop Battle / Batalha

このバトル感!!

熱いです。

音楽の強さと、迫力。映画館でみたらスゴかったはず…。

評価は高い?低い?

ハートビートの評価

Yahoo!映画より

ストーリーがありきたりな感じなので評価が少し下がりますが、ダンスの評価がかなり高いです。

キャスト

アメリカとルーマニアの合作映画です。

監督:マイケル・ダミアン
脚本:ジャニーン・ダミアン、 マイケル・ダミアン
音楽:ネイサン・ラニアー
振付:デイブ・スコット

俳優:役名
キーナン・カンパ:ルビー・アダムス
ジョニー・ブラックウェルニコラス・ガリツィン
ソノヤ・ミズノ:ジャジー
ジェーン・シーモア:オクサナ

主人公のルビー役は、マリインスキーバレエ団に在籍し、主役を踊ったこともあるアメリカ出身のキーナン・カンパ。ロシア人以外が主役を踊ることがなかなか難しい名門バレエ団です。キーナン・カンパは、ケガをしてしまいアメリカに帰国します。「ハートビート」が女優デビュー作です。顔も美しく、身体能力の高さがスゴいです。

ジョニー役はニコラス・ガリツィンです。目に憂いがあって、すごく色気があります。

イケイケのソノヤ・ミズノ

イケイケな友達役に日本人の父を持つソノヤ・ミズノが演じています。ラ・ラ・ランドにも登場し、踊りを披露していましたが、今回はがっつり踊ってます。

スタイルの良さが際立ち、踊りも素敵です。

アイリッシュパブでのバレエ「白鳥の湖」から4羽の白鳥のシーンをご紹介します。アイリッシュダンスとのダンスバトルです。

超有名な曲とダンスで、振り付けは古典と同じなのに、刺激的!


High Strung Dance scenes part 4

たった2分なのに、すごい満足感。

「白鳥の湖」の有名なフレーズからの「小さな4羽の白鳥」の踊りへのアレンジも秀逸。普段バレエは足音を極力小さくする努力をしますが、ステップの音がいいアクセントになっていて楽しいシーンです。

振付

この映画に何人の振付師の方がかかわっているのかわからないですが、クレジットされているのはDave Scott さんひとり。

地下鉄のシーンでダンスバトルもしているダンサーです!

「アメリカン・ダンスアイドル」「ステップ・アップ2:ザ・ストリート」「ステップ・アップ3」の振付をしています。ワールド・オブ・ダンス・アワードのベストコレオグラフィ賞を受賞したこともあります。

ニューヨーク + ダンス映画 = 最高

僕の中でダンス映画のバイブルはニューヨークを舞台にした「センターステージ」。

バレエと他ジャンルのコラボという点で似ています。ダンスは時代とともに変化するので、「ハートビート」ではストリートダンスとのコラボになっています。

主人公のルビーはがっつりバレエダンサーだけど、バレエのシーンはそこまで多くありません。ストリートにフォーカスがあたっていて、僕はすごく好きでした。

kazu

未だに、こういう映画で「おーーー」とか言って見られる自分は、若いのか、幼いのか…。

でも好きなものは好き!

若いダンサーにこそ観てほしい映画です。

kazu

今回は「ハートビート」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。

そしてキャストは違いますが、2018年に続編も公開されました。まだ日本には入ってきていないみたいです。