jazz

「ダンシング・ハバナ」のあらすじは?
映画サイトでの評価は?
印象に残ったシーンは?

1987年の大ヒット映画「ダーティ・ダンシング」。2004年に「ダーティ・ダンシング2」が公開されました。

踊りより、俳優よし、音楽よし、脚本よし。90分と短いのにも関わらずすべてが凝縮されたダンス映画です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画三昧。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

この記事は「ダンシング・ハバナ」のあらすじと感想、映画サイトの評価です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと、きっと映画が見たくなると思います。映画を見終わったあとは誰かと一緒に感想を言い合いたくなってしまいます。そんな気持ちになっている方に向けた記事にもなっています。(基本的にポジティブなことしか書きません。)

魅力的なサーキュラースカート

1958年のキューバが舞台です。現在のキューバもレトロな街並みが観光名物となっていますが、そのレトロな雰囲気が漂う映画です。(撮影地はプエルトリコです。)

とくにファッションの印象が強く、ビビッドな色合いに目が奪われます。

サーキュラースカート

たっぷりと布を使い、裾を広げると円形になるスカートのこと。

女性ダンサーは回転が美しく見えるようサーキュラースカートを着用することがあります。クルっと回るとスカートがきれいに丸いシルエットを描きます。

主人公のケイティがサーキュラースカートを着用していることが多く、動きの美しさが頭に残っています。

この動画の水玉模様のスカートが鮮明に記憶に残っています。

最後に流れている曲は、Wyclef Jean feat. Claudette Ortiz の「Dance Like This」です。この曲はシャキーラがカバーし日本でも大ヒットした「Hips don’t lie(お尻は嘘つかない)」なので、聞き慣れている人もいるかもしれないですね。

あらすじ

1968年、社会主義になる直前のキューバ、首都ハバナ。アメリカ資本により経済的に発展している最中のキューバ。アメリカと関係の強い一部が富を独占し、貧富の差が拡大している。

アメリカ人のケイティが父親の仕事の都合により、家族4人(父、母、妹)でハバナに引っ越してきた。豪華なホテルに住み、何不自由ない高校生活を送っている。だがケイティは、妹のスージーと違いなかなかキューバでの生活に馴染めない。

ある日バスに乗り遅れてしまったケイティは歩いて帰ることに。そこで老若男女、自由にサルサを踊る街の人たちと出会う。

楽しんでいる人たちの中に見たことのある地元の青年ハビエルを見つける。ハビエルはケイティが住むホテルのウェイターをしていて、以前あるトラブルに巻き込んでしまった相手。ハビエルが、ケイティを見つけ声をかける。キューバに来てからも地元の世界を見ていなかったケイティ。自由に踊るキューバの人たちを見て衝撃を受ける。

対訳

ハビエル:キューバの音楽に興味があるの?
ケイティ:違うの…。バスが先に出ちゃって。1時間も歩き続けてるの…。
ハビエル:送ってあげるよ。
ケイティ:そんな。気にしないで。
ハビエル:ふーん。きっと歩けば見つけられるよ。ただ、1ヶ月くらいかかっちゃうかもよ。笑
ケイティ:(笑)
ハビエル:挨拶するから待ってて。

ケイティ:あれはお父さん?
ハビエル:どう思う?(笑)おじいちゃんだよ。
ケイティ:(気まずく笑う)ケイティよ。あなたの名前は?
ハビエル:ハビエルだよ。

【分析】
意外にこのシーンは深いと思っています。このシーンの前にウェイターのハビエルとケイティがぶつかりグラスをぶちまけてしまいます。ちょっとケイティに原因があり謝りに行きますが、ハビエルは素っ気ない対応。そんな彼がこのシーンではコロッと明るい対応です。ここにキューバの明るい気質が表れています。

また、ケイティがお父さんとおじいちゃんを間違えています。これはキューバでは結婚が早いということを伝えているように思います。

まったく違う世界のふたりが出会い、サルサを通じてお互いに歩み寄っていく。ハビエルと出会い、世界を違う視点でみることができるようになっていくケイティ。

そんなとき、客と従業員の付き合いを一切禁じているルールを破ってしまったため、ハビエルがホテルをクビになってしまう。そのことに責任を感じるケイティ。なんとかハビエルを救えないかと考えます。そこで見つけたのが優勝賞金がでるダンスコンテスト。ハビエルとケイティが一緒にコンペを戦うことを決意します。

キューバ革命前夜の緊張感と、情熱的なサルサで語られる自由を求める人々を描いた素晴らしい映画です。

ダーティ・ダンシング2?

この映画は一応「ダーティ・ダンシング2」という題名がついています。原題は「Dirty Dancing: Havana Nights」(ダーティ・ダンシング:ハバナの夜)。

邦題は「ダーティ・ダンシング」という言葉をバッサリなくしてしまっているので、ダーティ・ダンシングの続編だと知らずに興味を持つ人もいるかもしれません。

この映画はリブート版といって、同じ題材を扱いつつ、設定や役者をガラッと変えている作品です。

「ダーティ・ダンシング」と同じく金持ちの女の子がワイルドな男性と出会い、大きく成長するストーリーです。そうした共通点はありますが、パート1とはつながりがまったくないので、この作品から見てもまったく問題ありません。

評価は高い?低い?

ダンシング・ハバナの評価

Yahoo!映画より

評価の数が少ないので、ダンス映画が好きな人が評価していると思いますが、この数字はかなりの高評価です。

僕は☆5つです。

キャスト

監督:ガイ・ファーランド
脚本:ボアズ・イェーキン、ヴィクトリア・アーチ

【出演者】役名:俳優(吹替)
ハビエル・スアレス:ディエゴ・ルナ(坪井智浩)
ケイティ・ミラー:ロモーラ・ガライ(松谷彼哉)
ジェニー・ミラー:セーラ・ウォード(呉林卓美)
バート・ミラー:ジョン・スラッテリー(仲野裕)
ジェームズ・フェルプス:ジョナサン・ジャクソン(小野大輔)
スージー・ミラー:ミカ・ブーレム(木川絵理子)
イヴ:ジャニュアリー・ジョーンズ
カルロス・スアレス:レネ・ラヴァン
ローラ:マイア
ダンス講師:パトリック・スウェイジ

このキャストに注目

ディエゴ・ルナとロモーラ・ガライの踊りがとにかく素晴らしいです。ディエゴ・ルナは細身の身体でありながらとても男らしい踊り。ロモーラ・ガライは足がとにかく長い美人。どのシーンでも目が行きます。この2人の魅力がつまっていてファンになっちゃうと思います。

とくにディエゴ・ルナファンの人がこの作品を見るとコロッといっちゃうみたいです。笑

もう一組注目なのが、パパ役のジョン・スラッテリーと嫌な友達役のジャニュアリー・ジョーンズ。この2人は1960年代の広告業界をテーマにした海外ドラマ「マッドメン」で重要な役で登場しています。1960年代が似合う二人です。

そして大本命のパトリック・スウェイジ。

オリジナルで主役を演じ、「ダーティー・ダンシング」で映画スターになりました。前作の映画とはまったく関係のない役で登場します。今回はダンス講師役です。ちなみに前作を思い起こさせるシーンもちょこちょこ登場します。水辺でのシーンは懐かしくなりました。

ペアダンス

男性と女性が一緒に組むペアダンス。

一番最高の状態はお互いに何も考えずに踊れることです。相手に気をつかって踊っていると、ダンスに没頭できません。

パトリック・スウェイジはそれを諭してくれます。何も考えずに踊るためには相手を完全に信頼しないといけない。実生活にも通じる話です。

そんな素晴らしい言葉を映画で語っています。

一歩踏み出す勇気をくれるダンス

女性にとっても男性にとっても、生きることに息苦しさを感じる人がみるとすごく共感できる内容です。一歩踏み出す勇気を持つこと。周りから反対されても、動き出したことで応援してくれる人が現れる。

ダンスを通して自立していく姿が描かれていて、とてもうまい脚本だと思います。

家族、思春期、初恋、初体験。奇心に身を委ねてみることの大切さを思い出させてくれる作品です。そして、ダンスを通してケイティが自分を開放する方法を見つけていきます。

社会主義に進むキューバが舞台になっていることもあり、政治への関わり方も作品に取り込まれています。ケイティは自分の世界だけに生きていましたが、地元に溶け込んでいきます。郷に入っては郷に従え。

そこでケイティは気づきます。

「知らないことに対する罪の重さ」

こうした重いテーマも含みつつ、ダンス映画という軽やかなタッチで作品は進んでいきます。

サントラ

kazu

「ダンシング・ハバナ」のサントラは最高です。未だに聞いています。

映画には実際の歌手もたくさん登場しています。

驚いたのはMya。マイアは2001年映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌「レディー・マーマレイド」にも参加していました。クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、ピンク、マイアのコラボで大ヒットしました。

映画では歌姫として登場します。

ふたりの素晴らしい踊りと、マイアの素晴らしい歌。

ダンス上達へのヒント

両親がプロの社交ダンサーで、自分も経験があるケイティ。サルサを踊りたいと思って鏡をみながら練習します。

そんな練習中にハビエルがやってきます。鏡を見て練習するケイティにこんな疑問を。

音楽を感じる

ハビエル「なんで鏡を見てダンスの練習を?」
ケイティ「この前見たステップを確認するためよ。」
ハビエル「鏡が助けになるの?」

ハビエル「音楽を感じなきゃ。自分の身体で感じないと。」

かなりハッとしました。

この時代のキューバでは、革命思想とつながるため音楽やダンスの取り締まりもありました。ダンスは自由を表現する役割があったからです。かつてフラダンスが禁止されたように、ダンスの根源には政治的な思想が含まれていることを思い出しました。

お役立ち英語フレーズ「固いはスクエア」

社長の息子のイケメンジェームズとデートに行くことになったケイティ。そんなケイティが服選びに迷ったときのシーンです。メイドのヨランダに洋服についてアドバイスを求めます。

square「固い」

This is square?「これって固い?」
Square?「四角ですか?」
Yeah, Yeah, Yeah. Like squar(四角いジェスチャーをしながら).「そうそうそう。四角い感じ。」
Is this square good or bad?「スクエアはいい意味ですか?悪い意味ですか?」
It’s bad.「悪い意味ね。」
Si. It is square.「それなら、固いです。」
Oh, god.「あー、そんな。」

隠れた名作です。

kazu

今回は「ダンシング・ハバナ」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。