jazz

英語を話したいけど、どこから勉強すればいい?
英文法はなんで重要?
おすすめの英文法の勉強の仕方は?

「文法なんてめちゃめちゃでもイイ!」というファンキーな人もいますが、そんなことはありません。もし文法があやふやだと理解しづらい英語になってしまいます。

言語はコミュニケーションの道具です。人に話を聞いてもらいたければ、基本的な文法が使えている相手にやさしい英語を目指しましょう。

ただし、難しい文法用語によって挫折する人が多いのも事実です。

ぼくも高校で挫折しました。あまりに専門的すぎて「ここまで勉強して何の意味があるのだろう…」と考え始めたら、わけが分からなくなってしまいました…。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

挫折せずに英文法を理解する方法を調べまくりました。自分の経験とあわせて記事にしていきます。

kazu

今回は、文法書「キク英文法」を使って、2ヶ月で90%の文法事項をマスターする方法です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事は中学で勉強した英語を思い出せるレベルで「英語を話したい」という方に向けています。もし中学レベルの英語があやふやな場合にも対応できるよう参考書もご紹介します。

もっとも大事なこと

1冊に決めたら、どんなに魅力的な文法書が見つかっても浮気はしない!

いま販売されている英語の文法書は、どれもとても良くできています。正直、自分に合っていればどの文法書を使っても大丈夫です。分厚いものから、薄いものまで、本当にいろんな種類の文法書が出ています。

選ぶポイントは「書式や読みやすさが自分に合っている」か。

つまり、探すポイントは自分にとって読みやすいということです。

構造を理解する

英文法の勉強は「文章の構造を理解する」ことです。

構造をしっかり理解していれば、単語を入れ替えるだけで言いたいことを英語で表現できます。

ここで「話すための英語」の文法書選びの注意点です。

文法書選びの3つのポイント

大学受験用の文法書はダメ(実際に使える英語向けを買う)
細かすぎる説明はいらない
1冊の文法書で英語のルールのほとんどを勉強できる

このルールに当てはまる文法書を2冊紹介します。

一億人の英文法

2,000円ほど。

こちらは「ネイティブの感覚」が一緒に学べる文法書です。話すことを目的にする場合、考えてから話すと会話のテンポが遅れてしまいます。そんなとき「ネイティブの感覚」がわかっていると、スポーンと口から英語が出やすくなります。

この「1億人の英文法」以降に出版されている本は、「1億人の英文法」にかなり影響を受けています。元祖の本なので、この本を勉強してしまえば一発です。

しかし、分厚い本なので心が折れないよう注意してください。

ちょっと大変ですが、初心者の人もこの本で勉強するのがベストだと思います。

キク英文法

1,800円ほど。英語上級者がこぞっておススメする参考書です。キクタンという大人気の英単語帳と同じシリーズの文法書です。

英文法のルールの90%をカバーし、細かすぎる説明がありません。実際に会話を使うことを目的にしている人向けの文法書です。

デメリット:品薄。出版されたのが昔なので、手に入れにくい場合があります。メルカリなどでも出ていることもあります。

中学英語があやふやな方へ

もし中学英語がわかってない、と思う場合はもうワンクッション入れてから勉強していきましょう。

めがね

もう1冊文法書を買いましょう。(2冊になってしまってすいません。この場合だけは例外です。)

英文法はとにかくまず全体像をつかむことが重要です。完全に理解できなくてもガシガシ前に進みましょう。今わからなくても全体を勉強すると理解できている、ということも多いです。

このブログでは本気で勉強したい人向けになっているので、こちらの本をご紹介します。

1,100円ほど。200ページほどでとてもわかりやすい内容です。語り口もわかりやすく、とても優れた文法書です。

イングリッシュおさるさんおススメの方法

イングリッシュおさるさんの勉強法は理解しやすいです。

ここから先はおさるさんの勉強法を少しアレンジして紹介しています。下の動画を見なくてもわかるようにはできていますが、熱いメッセージが込められているのでぜひ見てみてください。

また、英語系youtuberのAtsueigoさんもおススメしています。

最強の英文法勉強法

この勉強法は「キク英文法」だけでなく、どの文法書でも使える方法になります。

2ステップ

1、理解をする
2、自分で使えるように英作文

①「理解する」は、しっかり読めば大丈夫です。

問題は②「自分で使えるように英作文」の部分です。

ということでこの部分を詳しく解説していきます。

英作文を作る

文法は英語の試験では得点源となるので、試験問題を解くことを重視しすぎる問題集が多いです。すると覚えた文法がただのクイズのようになってしまいます。これでは実際に使うことができません。

ふつうの英文法の勉強法

理解 → ○ → 問題を解く → 〇 → 実際に使える → ×

今度はまったく違ったアプローチです。問題を解くことは後回しにして、習った文法をもとに自分で英作文をしてみます。

使える英文法勉強法

理解 → ○ → 英作文 → ○ → 実際に使える → 〇

ここでポイントとなるのが「自分の実生活に合わせた英作文」です。

例えば僕の場合、ダンスやエンターテイメントに関する英語が必要でした。自分の生活に合わせて英文をつくると、つくった文章が記憶に定着しやすくなります。と同時に、文法事項も記憶にしっかり残ります。

TOEICでの文法問題の対策にも

この方法だと問題を解かないので「TOEICなどのテスト対策はどうすればいいの?」という疑問があると思います。

安心してください。

英作文をつくると英文法の問題も自然に解けるようになります。ただ、実際に英語のテストを受ける場合は、対策をするとさらに精度が上がるので、テスト勉強は忘れずに行いましょう。

文法の勉強は2ヶ月で

キク英文法は、英語のルールが212個のってい49日間でおわるよう設定されています。

最初は少し大変に感じるかもしれませんが、英文法の勉強は一番先にダーッと終わらせてしまいましょう。

イングリッシュおさるさんの方法をアレンジ

学習時間をたくさん取れる方用と、忙しい方用に分けて解説します。

HARD(1日の学習時間が3~5時間の場合)

10日間で1周(1日で本の中の5日分を学習する計算)
2ヶ月で6周

2~4周目までは「理解」
3~6周目までは「英作文」

NORMAL(1日の学習時間が1~2時間の場合)

20日間で1周(1日で本の中の2.5日分を学習する計算)
4ヶ月で6周

2~4周目までは「理解」
3~6周目までは「英作文」

英文法をしっかりやりこめば、英語の土台作りがしっかりします。土台がしっかりしていれば、崩れることはありません。

逆にこの英文法という土台がグラグラだと、いくら英語の知識を詰め込んでも崩れてしまうこともあります。

初心者の方ほど英文法の勉強を重視してください!

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上「1冊で英文法を完璧に勉強する方法」でした。
どうもありがとうございました!!