jazz

英文法がどうしても覚えられない?
英文法のわかりやすい動画は?
英文法のわかりやすい本は?

「大学受験まで英語の勉強をがんばりました!」

大学までおよそ10年も英語の勉強をがんばっても、英語を話せる人はほんのひとにぎりです。

そして時々、英語を話したいと思い勉強に戻り、また去っていく…。持続できない…。そして積み上がる参考書…。

僕も使っていない参考書がたくさんあります。いつかやるだろうと、捨てることもできず本棚を占拠しています。

この記事を書いているのは…

TOEIC905点を持ち、大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。TOEIC900点を超えるまでサポートしていました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。(笑)

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

youtube動画「がっちゃん」、本「1億人の英文法」を使い、日本人が苦手とする英文法を克服する方法をご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事は受験英語まで勉強したことがある人向けの英語上達法です。この記事を読むと、日本人の弱点に根本的に克服する英文法の学習法がわかります。動画は今も更新され続けていて、全部見ると時間がかなりかかります。(動画情報は更新していきます。)

【2020年最新版】がっちゃんの文法英語学習動画まとめ、1億人の英文法

がっちゃん動画は中級者向け

がっちゃんは、youtubeで英語学習動画を配信しています。

字幕とイラストだけの説明なのに英語初心者にとってとてもわかりやすく、おどろくほど知識がすんなり入ってきます。

がっちゃんは自分で初心者向け動画と言っています。

しかし、本当に初心者向けかというとそんなことないかな、と思います。

というのも説明事項がかなり専門的で、ある程度勉強していないとそもそも疑問にすら思わない内容が登場するからです。

注意点

がっちゃんの動画はわかりやすいので、映像をみるとわかった気になってしまいます。

聞いただけの知識はすぐに抜け落ちてしまうので、復習や演習が絶対に必要です。がっちゃんの動画では演習がないので、初心者の方は注意が必要です。

だからこそ中上級者向けかな、と思います。

中級者にこそオススメ

上級者でも実は知らなかったことが、動画を見るとポロポロ出てくると思います。

めがね

なにより話がおもしろいので、ふつうに楽しめます。

ちなみに、初心者の方はイングリッシュおさるさんの動画がオススメです。

有料サービス

がっちゃんの動画では、「続きは有料で」ということがよくあります。VIMEOという有料のサービス(月497円のサブスクリプションサービス)の登録が必要です。

実は登録しなくても分かる方法があります。

がっちゃんの内容がマルっと載っている本があります。

それが「1億人の英文法」という本です。

1億人の英文法

僕が人生の中で一番役に立った文法書があります。大西泰斗著、ポール・マクベイ著の「1億人の英文法」です。お風呂に入りながらまで読んでいたのでボロボロです。

2,000円ほど。この本は日本式にこねくり回して教えられた英文法をとてもわかりやすく説明してくれています。

「1億人の英文法」がわかりやすい理由

イラストでイメージをしっかり見せてくれるので、ネイティブの感覚が理解できます。

英語をある程度勉強した人にもオススメです。いきなり初心者の人がこの本を読むには気合が必要です。とはいえ、文字は大きめで、話し言葉で書いてあるので読みやすいです。そして多くの人が苦手とする文法用語が使われていません。

なによりこの本は、ネイティブの感覚を感じることができます。

kazu

この文法書はトガッていて、学校英語に疑問をしめす内容になっています。

jazz

学校でしっかり勉強した人ほど「アハ体験(あ、そういうことか!)」が得られます。

実は僕が働いていた英語の学校では、「1億人の英文法」に合わせた映像授業がありました。大西泰斗さんと、ポール・マクベイさんがペアを組んでいました。大西先生はNHKの講座を長年持っていました。英語学校の映像授業では大西先生がめちゃめちゃ高飛車で、けっこう鼻につきました…。(笑)

ポール・マクベイさんがとてもコミカルに授業を進めてくれるので、ふたりでいいバランスがとれている感じでした。

がっちゃん動画との共通点

がっちゃんの動画では「一億人の英文法」と同じく、イラストでイメージをみせてくれます。

また、「英語も敬語がある」という話。まったく同じことを大西先生もがっちゃんも紹介しています。

たぶん大西先生とがっちゃんは勉強のアプローチの仕方が一緒なんじゃないか、と思います。

そのため、がっちゃんの動画と「1億人の英文法」の相性がすばらしくいいです。

がっちゃんの動画と「1億人の英文法」は共通点がとても多いです。なので、がっちゃんの動画を見た後に「1億人の英文法」のその章を読むとすごくいい勉強になります。

ちなみに高校生向けに同じ内容でありながら、短くなっている本「一億人の英会話」も出版されています。

「1億人の英文法」がちょっとむずかしい場合は、こちらを先に読むのもオススメです。

がっちゃんの動画活用法「動画 ⇒ 本 ⇒ 演習」

「1億人の英文法」は文法書としてかなりいいですが、700ページはレベルが高いです。僕も友達にこの本をすすめたかったのですが、あまりにヘビーでいつもためらっていました。そんな時、がっちゃんの動画と出会いました。

がっちゃんの動画のおかげで「1億人の英文法」がすんなり読めるようになります。がっちゃん動画と「1億人の英文法」の組み合わせはある程度時間はかかります。

ですが!

この勉強をすると相当しっかりした基礎力がつきます。本が手元にあると自分の好きなところをすぐに開けるので、動画と併用するのはとてもいい方法です。なので、この2つの組み合わせを大プッシュします。

個人的にがっちゃんの動画をメインに勉強するのでなく、「1億人の英文法」をメインにがっちゃんの動画を補足として勉強していくことをオススメします!!

そして、知識を定着するためには練習問題を解く必要があり、演習が欠かせません。なので、「がっちゃんの動画」「1億人の英文法」「演習」の3つをセットで勉強するのがオススメです。

2つの勉強パターン

一気に勉強タイプと、小分けに勉強タイプに分けて解説します。

一気に勉強タイプ

がっちゃんの動画

1億人の英文法

⇒全部見終わってから一気に演習(スタディサプリなどの文法問題)

一例として、体系的に勉強できる「スタディサプリ」を紹介します。TOEIC教材は、英語学習を組み立てやすいです。英語の学校に行くとほとんどの学校にTOEICのコースがあります。これは「日本でTOEICが英語の資格として評価されている」ということだけでなく、「英語の勉強を筋道立てて進めやすい」という理由があります。

なので目標が定まっていない場合は、闇雲に勉強をするよりはTOEICから学習するのがオススメです。

小分けに勉強タイプ

がっちゃんの動画

1億人の英文法

全部見終わってから演習(教材は1億人の英文法の問題集)

小分けにする場合は、「1億人の英文法」に対応する問題集がオススメです。内容を飛ばして勉強しても、文法書と問題がリンクしているのでわかりやすいです。

文法

がっちゃんの動画を「1億人の英文法」の順番に並べ替えています(別ページに飛びます)。

ぜひ活用してください。

日本語と英語の違い、一般動詞、自動詞、他動詞、BE動詞

目的語、名詞、形容詞、副詞

助動詞

英単語暗記法、句動詞、前置詞

より詳しい前置詞

関係代名詞

分詞構文、動名詞、分詞、受動態

現在形、現在進行系、現在完了形、未来形、仮定法

発音

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上、日本人の弱点を克服する英文法の勉強法についてでした!
ありがとうございました。

随時更新していきます!