jazz

体幹を高めた状態でパフォーマンスできてる?
ダンス以外のスポーツでも適用できる?
体幹を感じるために必要なことは?

体幹が強くなると、スポーツやダンスでのパフォーマンスが向上します。

体幹トレーニングが市民権を得てから時間がたちました。自宅でかんたんにできる体幹トレーニングはスポーツだけでなく日常生活の動作を豊かにする手助けにもなります。

ですが、体幹を感じるのは思った以上に難しいです。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は、体幹を感じづらい人のための記事です。

※3分ほどのボリュームがある記事です。

パフォーマンスがなぜ上がる?

ダンスを教えていると「この人ダンスがうまそうだな。」という人に出会います。

その人の特徴は「体幹がしっかりしている人」です。

体幹がしっかりしている人は姿勢がとてもきれいです。そういう人はカラダのブレが少ないので、上下左右に動いても、回転しても、ジャンプをしてもフラフラになることはありません。

ダンス上達においてはとても重要な要素で、ダンスだけでなくどのスポーツでも同じことが言えると思います。

体幹

体幹

体幹とは、体全体に圧力がかかっている状態で、足裏から体全体までつながる力。

誰かに押されても耐えられる力でとても感覚的なもの。

体幹に力を入れようと、身体をつねにバッチバチに緊張させていると、集中力がすぐに切れてしまいます。軽く体全体に力を入れ続けていられる状態をつくる、ということが体幹が入った状態と言えると思います。

「バレエダンサーは体幹がしっかりしている」というのはこの写真をみるとわかると思います。線の細いバレエダンサーが重いバーベルを上げられるのも、体幹が強い証拠です。

バレエダンサーとバーベル

Twitterより

体幹についてはこちらでさらに詳しく説明しています。

体幹を感じる

ふつうの状態で体幹を感じるのはなかなか難しいです。ですが簡単に体幹を感じることができます。その方法をご紹介します。

こちらは英国ロイヤル・バレエ団でソリストをしていた小林ひかるさんの写真です。このようにおもりを持った状態で立つだけで、体幹をかなり感じやすいです。

バレリーナには筋力が必要

バレエの細道

プランクポーズで体幹を感じる

重りがない場合はプランクポーズがわかりやすいです。体幹を鍛えるためにもってこいなのがプランクポーズです。

サーフボードの上でプランクポーズをとると安定する

体幹は、立ち上がった状態で感じられないと意味がありません。プランクで体幹の感覚をつかみ、そのまますぐに立ち上がります。立ち上がったあともカラダ全体への圧力を感じやすいと思います。

もしたった1秒のプランクでも体幹がしっかり入り、自分でその感覚をつかむことができれば、それで全く問題ありません。

ちなみに、プランクは体幹トレーニングにピッタリなのですが、横ばいになっているというのがマイナス点です。立ち上がった状態で体幹の感覚をつかんでいる場合は、プランクのトレーニングだけで体幹トレーニングになります。

もしプランクだけで体幹の感覚をつかめない場合は、体幹トレーニングはプランク以外の方法も試す必要があります。

体幹トレーニングをかなりわかりやすく説明してくれる本です。トレーニングも写真つきでわかりやすく、700円ほどです。

かなりわかりやすい方法

ぜひ一度試してほしい方法があります。手が天井につく場所を探してみてください。

天井を押して体幹を感じる

pinterestより

天井を両手で押しながら、お腹に空気をいれ(腹圧を高める)、足の裏でしっかり押してみるとかなり体幹を感じることができます。

手を離した場合も同じように圧力を地面にかけ続けていくことが重要になってきます。

ピラティス

体幹を感じやすいトレーニング

ピラティス

ピラティスをやってみるとかなり体幹をかなり感じやすいと思います。

ピラティスで感覚をつかんだらすぐにダンスやスポーツに適用することが重要です。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

いきなり体幹を作れている状態がゴールになります。
ありがとうございました。