jazz

ディズニーランドのオーディションとは?
オーディションの種類はどれくらいある?
受かる確率を高くすることはできる?

今はインターネットでディズニーダンサーの情報をたくさん手に入れることができます。ですが、情報がたくさんありすぎて混乱してしまうことがあると思います。

ダンサーを目指す場合、オーディションの内容や受かる確率などなど気になると思います。僕もダンサーを目指しはじめてからネットでいろいろ調べました。

ですが、何が正しくて、何が正しくないのか見極めがとても難しかったです…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

そのため、ディズニーダンサーになる方法だけでなく、その意義について、僕の経験からご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。(注)今回のテーマは慎重に言葉を選び、夢が崩れない程度に留めたいと思っています。

ディズニーダンサーを目指す!3つの方法となるべき理由(男性向け)

ディズニーダンサーになる3つの方法

僕はテーマパークで踊ることはダンスのキャリアにおいて、すごくいいことだと思っています。

東京ディズニーリゾートでパフォーマンスをしたい場合、3つの方法があります。純粋にダンサーになりたい場合と、パフォーマンスをしたい場合に分かれますので、自分がまずどちらのタイプか考えてみてください。

3つの方法

① 年に1回あるディズニーダンサーのオーディション
② ①のオーディションで空きがある場合におこなわれる追加オーディション
③ 短期契約のオーディション

まずはこの3つのオーディションを分析していきます。

年に1回のオーディション

ダンサーを目指している場合は、この一択です。かつては芸能プロダクション経由でダンサーになる方法がありました。ですが、今はオリエンタルランドに所属する方法でしかダンサーになることはできません。

ディズニーランドを運営するオリエンタルランドに出ているオーディション情報はこちらをクリックしてください。

日本最大のテーマパークである東京ディズニーリゾートのダンサーオーディションには毎年2,000人を超える応募があると言われています。

選考の流れ

書類審査
1次審査➀
1次審査➁
2次審査
最終面接

このオーディションを突破することで、ディズニーダンサーとしてデビューすることができます。

男性は少しお得

男性と女性では選考が少し違います。男性ジャズダンサーの数が少ないため、男性のオーディションは門戸が広くなっています。ヒップホップしかやってことがない人でも受かるような仕組みができています。

男性が受けることが出来る3つのオーディション

① ジャズ・バレエ選考
② ヒップホップジャズ選考(男性のみの募集)
③ パペティア(パペティアとはパペットを操るパフォーマーのことで「キング・トリトンのコンサート」のセバスチャンやフランダー役として出演。男性のみの募集)

男性は3種類のオーディションが用意されています。①、②で合格するとディズニーダンサー、③パペティアで合格した場合はパフォーマーになることができます。

毎年、ダンサーは男女合わせて50名超が合格し、パペティアは5~10名ほどが合格しています。

追加オーディション

ダンサーの追加オーディションは残念ながらありません。パペティアのみ追加オーディションが行われることがあります。

オーディション情報はオリエンタルランドの公式ページで順次追加されるので、気になる場合はチェックしてください。だいたい1月あたりまで募集があります。

プロダクションからの短期契約

3つ目の方法はあまり知られていないかもしれません。芸能プロダクションM&Sカンパニーからオーディション情報がよくアップされています。下記のページの「プロダクション事業部」→「オーディション情報」にのっています。

このプロダクションはダンススクールを運営していて、僕も一時期、ダンスを教えていました。ダンサーの募集は多くないですが、パフォーマーの募集をよく行っています。スタント、シンガー、アクターの募集です。

このオーディションはM&Sカンパニーに所属していない人でも受けることができます。まずM&Sカンパニーで選考があり、その後オリエンタルランドでのオーディションがあります。

時々募集されているホテルでのプログラムは、かなり完成されているショーです。ダンサーのスキルだけでなく、演技のスキルもアップするような内容になっているので、実はおススメです!

この情報はあまり多くの方に知られていないので、募集人数が少なくてもチャンスは十分あります。さらに言うと、給料もディズニーダンサーより高い傾向にあります。

男性はおおいにチャンスあり

オリエンタルランドが実施する①のオーディションでは毎年、男女合わせて50名~80名が合格しています。ダンサーオーディションの男女比は、基本的に7:3(女性7、男性3)です。

男性はダンスを始めてから1年、という人でもオーディションに勝ち抜くチャンスがあります。というのも男性の志望者は、女性に比べると圧倒的に少ないからです。競争率が低い分、ダンサーになれるチャンスは誰にでもある、と言っていいと思います。

ダンサーの男女比の差がどれだけあるか具体的な数字はわからないですが、ジャズダンスのレッスンを受けると男女比は、女性95%男性5%くらいです。これくらい圧倒的な差があります。ですので男性には十分チャンスがあります。

気になる給料事情

公式ホームページにのっている通り、ダンサーは時給1,300円、パペティアは時給1,200円から始まります。オリエンタルランドのアルバイトで働いているキャストとほぼ変わらない給料です。また、初年度に関しては実力が未知数ということで、あまり仕事のチャンスが回ってこないこともあります。最初の数年はなかなか厳しい状況だと思います。

数年前まで時給の上限が2,000円と募集要項に載っていました。一番もらったとして、どのくらいの給料になるか想像できると思います。

ディズニーダンサーは毎年必ずオーディションを受けなければいけないのですが、これは逆に給料アップのチャンスです。成績が良ければ給料が上がります。反対に、成績が悪いと給料が下ることもあり、最悪の場合は契約を解除されてしまうことがあります。

とにかく挑戦するべし

オーディションは何度挑戦しても全く問題ありません。特に緊張してしまう人は慣れていくことが重要です。同じ時期に日本中のテーマパークでオーディションがおこなわれます。いろいろ挑戦し、慣れていきましょう。オーディションは無料で受けられるので、とりあえずいろいろなテーマパークのオーディションを受けてみてください。オーディションで得られる知識は本当に深いです。

そして自分で課題を見つけていきましょう。ディズニーダンサーに合格するとプロとして活動がはじまります。もちろん演出家や振付師から注意してもらえることもありますが、基本的には自分で課題をみつけ、向上させていく必要があります。この問題解決能力もダンサーとして重要なスキルです。オーディションでこの力も鍛えていきましょう。

男性の場合は書類審査に通る確率も多くなります。会場の雰囲気を体感するだけでダンサーとして成長できます。

さらに情報を出していますので、下のリンクからどうぞ。

kazu

今回は「ディズニーダンサーになる方法」について考えてみました。
どうもありがとうございました!!

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。