jazz

アシュタンガヨガ(八支則)とは?
ディヤーナ、サマーディって何?
感情と理性を切り離すとは?

心を瞑想状態にするマインドフルネスが流行っています。手軽に瞑想することができる方法とされますが、実際にはうまくいかない人も多いと思います。

瞑想するのはなかなか難しいと思います。手軽にできればいいのですが、やっぱり段階が必要です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨークに留学しているときに毎日のようにヨガのレッスンに参加しヨガ好きに。宗教性で一度挫折しましたが、ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中。科学的に取り組んでいます。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「アシュタンガヨガ(八支則)のディヤーナ(DHYANA)サマーディ(SAMADHI)」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

アシュタンガヨガ(八支則)の⑦ディヤーナ⑧サマーディとは?瞑想について

八支則はっしそく(アシュタンガヨガ)

八支則(アシュタンガヨガ)についてはこちらをどうぞ。

まずはおさらいです。

八支則(アシュタンガヨガ)

①ヤマ(YAMA):自己規律
②ニヤマ(NIYAMA):考え方
③アーサナ(ASANA):ポーズ
④プラーナヤーマ(PRANAYAMA):呼吸
⑤プラティヤハーラ(PRATYAHARA):感情のコントロール
⑥ダラーナ(DHARANA):集中
⑦ディヤーナ(DHYANA):瞑想
⑧サマーディ(SAMADHI):解脱・悟り

①「ヤマ」②「ニヤマ」は、日々の生活に対する心得です。マットの上でエクササイズするヨガは、③「アーサナ」④「プラーナヤーマ」⑤「プラティヤハーラ」です。そして最終段階として瞑想である、⑥「ダーラナ」⑦「ディアーナ」⑧「サマーディ」があります。

内面に焦点を当てた4種類(⑤~⑧)がなかなか難しいとされています。

今回は最後のステップ⑦ディヤーナ⑧サマーディに関してです。

習得の過程

概念⇒ルール⇒練習

概念を理解し、ルールを知る。そして練習していく。感覚だけでは理解しづらい部分も多いので、頭で理解し意識的に考えて練習していきます。自分自身を苦しめるほど厳しくおこなう必要はありません。どれだけ実践するかも自分で判断していきましょう。

⑦ディヤーナ(DHYANA)

ディーは「置き換える」、ヤーナは「心」、ディヤーナは「心を置き換える」という意味で瞑想のことです。八支則(アシュタンガヨガ)の①〜⑥を理解・実践すると自動的に瞑想ができると考えます。

頭のごちゃごちゃを外に出し、心を一つの位置で維持していきます。

瞑想の方法

セルフセンター:呼吸に注目する
アウトセンター:キャンドルなどモノに集中する

瞑想しやすい状況を自分自身で理解することも重要です。環境や服装に気をつかうと瞑想しやすくなります。部屋の温度や、服装も重要です。ちなみに靴下を脱ぐのも大事なポイントのひとつです。スマホと距離をとるのもプラスになります。

瞑想は思った以上に難しいので、頑張りすぎてもよくありません。出来ないときは一旦諦めるのも大事です。そして、また改めて挑戦していきます。

⑧サマーディ(SAMADHI)

最後のステップです。サマーには「悟り」という意味があります。①~⑦のステップをしっかり踏んでいると自然と、サマーディの状態になるといわれています。

サマーディまで来ると、ものごとを俯瞰ふかん(広い視野でものごとを見る)して見られるようになるといわれています。

以上、八支則(アシュタンガヨガ)の8つのステップをご紹介しました!

オススメのヨガ哲学の本

とてもシンプルな言葉でわかりやすいです。この本は瞑想についての本ですが、ヨガ哲学のことも書いてあります。

500円という価格も嬉しいです。

ヨガを試したい方へ

朝から晩まで好きなときに「アンダーザライト」

国内や海外の有名な先生のレッスンを、かなりお得にオンラインで受講できます。エクササイズだけでなく、心にも着目しているレッスンです。

一流の先生のレッスンを受け放題で、毎月7,000円はかなりオトクで、見逃し配信も充実しています。無料トライアルもあるので、とりあえず初めてみたい場合はオススメです。

日本最大級の「LAVA」

エクササイズ感が強めなので、初心者の人にもオススメです。

日本最大級のヨガスタジオLAVAによるオンラインヨガ。1ヶ月3,498円と、とにかくコスパがいいです。しかも1ヶ月、会費がかからないキャンペーンもやっているのでオススメです。

kazu

今回は八支則(アシュタンガヨガ)のディヤーナ(DHYANA)サマーディ(SAMADHI)についてご紹介しました。
どうもありがとうございました!!

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。