jazz

「コッペリア」の歴史は?
初演は大成功?
どんな特徴がある?

バレエの歴史において重要な作品「コッペリア」の初演は1870年。

このときナポレオン3世が観劇し、3幕は一部カットされ、そして男性主人公を女性が踊っていました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「コッペリア」の歴史や背景の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。どのバージョンでも楽しめるような内容になっています。

最後のロマンティック・バレエ

1830年代~1840年代に大ヒットした「ラ・シルフィード」と「ジゼル」。2つの作品はロマンティック・バレエと呼ばれています。

そして1870年に発表されたコッペリアもロマンティック・バレエです。

ロマンティック・バレエ

理想の世界、幻想の世界を視覚化したバレエ

「コッペリア」のあらすじはこちらからどうぞ。

「コッペリア」が上演されたころ、絵画の世界では「現実をそのまま捉える写実主義」が広がっていました。ロマンティック・バレエは飽きられはじめ、パリ・オペラ座バレエ団も下火になっていました。

「コッペリア」はロマンティック・バレエに分類されますが、こうした状況を踏まえ新たなコンセプトが取り入れられています。

1867年:第2回パリ万国博覧会

この時代、機械文明が急速に発展していきます。パリの万国博覧会では機械の展示がたくさんありました。

「コッペリア」はこの時代背景をしっかり反映しています。

バレエの中で機械人形のコッペリアは等身大、かつアイディア豊富な動きをします。この時代の人たちが描いた未来の人形を見ることができるのは、なんともロマンティックに感じます。

ダンサーが人形に

ダンサーが人形を演じるというアイディアが大好評でした。

「ラ・シルフィード」や「ジゼル」は妖精や精霊がたくさん登場します。まるで宙に浮いているようなフワフワとした動きが話題になりました。のちに妖精作品がたくさん登場します。

ただし、あまりに流行りすぎたため飽きられはじめていました。

そんなとき登場したのが「コッペリア」です。コッペリアの人形の動きはカクカクとした直線的な動きです。妖精や精霊の動きとは真逆だったため、大きな話題となりました。

初演は大成功

初演:1870年5月25日

パリ・オペラ座バレエ団(フランス)

振付:アルテュール・サン・レオン

音楽:レオ・ドリーブ

フランスのバレエ音楽の父。アドルフ・アダン(「ジゼル」作曲)の弟子。「泉」の一部を担当したり、「海賊」にも協力。「シルヴィア」でも知られる。

原作:E.T.A.ホフマン「砂男」

初演はウェーバーのオペラ「魔弾の射手」と一緒に上演されました。

そしてナポレオン三世が観劇したため、時間の制限がありました。オペラとバレエをフルで上演してしまうと公演が長すぎるという事態になります。

そのため「コッペリア」の第3幕がカットされ上演されました。

プティパ版

現在上演されている「コッペリア」のほとんどはサン・レオン版ではなく、1884年ロシアのペテルブルクで上演されたマリウス・プティパ版をもとにしています。

1870年7月、フランスがプロイセンに宣戦布告します。

パリ・オペラ座も閉鎖されてしまいました。フランスは食糧不足になり、ダンサーたちも被害を受け亡くなるということもありました。「コッペリア」で主役スワニルダを演じたジュゼッピーナ・ボツァッキも亡くなります。このときわずか17歳でした。

1871年にパリ・オペラ座は再開しますが、かつての人気を取り戻すことができませんでした。

フランスで生まれたバレエですが、バレエの中心はロシアに移動します。

フランツは女性が踊っていた?

スワニルダの恋人であるフランツは女性が踊っていました。そのため、男性が女性をリフトしたり、男性ソロがカットされていました。

この時期、女性が男性の役を踊ることが珍しいことではありませんでした。この頃バレエの人気が落ちていて、とくに男性ダンサー不足が顕著だったためです。

ちなみにパリ・オペラ座バレエ団では伝統を引き継ぎ、1958年までフランツを女性が踊っていました。

多様なダンス

最後に「コッペリア」には民族舞踊がたくさん登場します。

ポーランドのマズルカ、ハンガリーのチャルダッシュ、スペインのボレロ、アイルランドのジーグ(18世紀にフランスで流行した。アイルランドのジグに由来)です。

ひとつの舞台で世界のさまざまな踊りをみることができます。

スペインの踊り。ナターリヤ・オシポワがボリショイ・バレエ団で踊ったときの映像です。

映像作品

「コッペリア」は全幕作品の中でもあまり映像が発売されていません。

最新の映像として英国ロイヤル・バレエ団のDVDを紹介します。さきほど紹介したマリアネラ・ヌニュスとワディム・ムンタギロフが主演です。

映像作品としては一番おススメです。

kazu

以上、バレエ「コッペリア」の歴史などの解説でした。
ありがとうございました。