jazz

バレエ版「不思議の国のアリス」がある?
クリストファー・ウィールドンが振付?
オススメのスゴいシーンがある?

2011年に「不思議の国のアリス」のバレエ版が英国ロイヤル・バレエ団で初演されました。

振付、衣装、装置、音楽、ダンサーともに見どころがつまった作品です。ちなみに日本では新国立劇場バレエ団がレパートリーに持っています。

作品全体を見るとちょっと不思議な部分もあるのですが、名シーンがいくつもあります。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回はウィールドン版「不思議の国のアリス」のカードシーンの紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

カード・シーン

2011年クリストファー・ウィールドン版「不思議の国のアリス」が上演されました。

バレエファンの間ではかなり話題になっていた作品です。そのため、どんな作品になるのかかなり期待されていました。そんな中、あるシーンがyoutubeでアップされました。それが今回紹介する「カード・シーン」です。

ウィールドン版「不思議の国のアリス」には、アリスの恋人としてジャック(トランプのJ)が登場します。ジャックが捕まり、裁判にかけられるまでの混乱したシーンが、この「カード・シーン」です。

2011年、初演時の映像です。現在プリンシパル高田茜さんがクローバーの7、同じくプリンシパルの平野亮一さんがソリストのクローバー、ファースト・ソリストのチェ・ユフィさんがダイヤの7、引退された小林ひかるさんがハートの6を踊っています。

めがね

たった3分のシーンに心が奪われました。

まず、アイディアが詰まっている女性のチュチュ。上から見るとトランプのハート、ダイヤ、スペード、クローバーにカットされています。

そして、ジョビー・タルボットによる音楽。迫力がありつつ、バレエのステップが取りやすくかつスピード感があり、映画の音楽を聞いているような気分にもなります。

美術ではプロジェクション・マッピングを使いトランプの映像が映し出されます。幕がひらくと、トランプタワーのインパクト。

そして、クリストファー・ウィールドンによる振付。奇抜でアイディア豊富なだけでなく、英国ロイヤル・バレエ団が得意とする細かい足さばきがたっぷり入っています。

どの部分をとってもスゴいという感想しか出てこない、3分です。

リハーサル動画

こちらは2017年のリハーサルの様子です。

バレエマスターのクリストファー・サンダースが振付のクリストファー・ウィールドンの振付を忠実に守り指導しています。

かつら千理ちさとさんと、先日プリンシパルに昇進した金子扶生ふみさんが登場しています。

音楽を聞くだけでワクワクします。ちなみに、最後はステージ上でポーズして終わるよう初演版から変更されています。

DVD

ウィールドン版「不思議の国のアリス」は初演時から時がたち、改訂されました。2011年版、2017年版ともにローレン・カスバートソンが主演です。相手役は2011年はバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニン。2017年版はノーブルな踊りで小林ひかるさんと結婚しているフェデリコ・ボネッリです。

内容がけっこう変わっているので、両方ともオススメです。

2011年版

3,500円ほど。2011年版の方が不思議感が強いです。ハートの女王を演じるゼナイダ・ヤノウスキーが最高です。

2017年版

3,500円ほど。推敲すいこうされて完成度が上がっています。

kazu

今回はウィールドン版「不思議の国のアリス」の「カード・シーン」の紹介でした。
ありがとうございました。

Amazon Prime 30日間無料トライアル