jazz

アメリカでは年齢は聞かれない?
日本人は若く見られる?
印象的なエピソードは?

僕がアメリカ留学に行ったとき26歳でした。周りの同級生は未成年ばかり。でも僕はすんなりと溶け込んでいました。というのもアジア人は基本的にすごく若く見られます。おこがましいんですが、僕は18歳、19歳に思われていました。

逆に、アメリカ人は早熟傾向です。クラスメイトで、どう見ても30歳くらいにみえる友達もちらほら…。

kazu

怒られますね…。

この記事を書いているのは…

僕は現在TOEIC905点を持ち日常会話が問題なく話せるようになりました。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしていたこともあります。その時は、TOEIC900点を超える担当生徒がかなりいました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。笑

kazu

今回は「アメリカでの年齢」にまつわるお話です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと、アメリカと日本の年齢に関する感覚の違いがわかります。

アメリカ留学で初めての衝撃。アメリカ人は年齢を聞かない

アメリカ人は年齢を聞かない

日本では、年齢の確認は重要事項です。年齢を聞くことで、敬語を使うか、タメ語にするか判断が可能です。

それに対し、アメリカ人は年齢の話をほとんどしません。

「日常会話で年齢を聞かない」というだけでなく、公の場での年齢の会話はとてもナイーブに扱われています。(私的な場では関係性ができていれば年齢を聞いても問題ないです。)

ハラスメント

就職で年齢を聞くと「年齢差別」としてハラスメントになってしまいます。

僕はアメリカでオーディションを受けていましたが、そこでも年齢を聞かれることは一切ありませんでした。履歴書には、年齢を書く欄さえありません。大事なのは見た目。見た目で何歳に見えるかが重要です。

逆に日本では年齢がすごく重要です。年齢が若いほどポイントが高くなります。僕がいたダンスの世界では、年齢が高いとマイナスポイントになり、悲しいことにキャリアよりも若さが評価されています。

ダンス学部のオリエンテーション

以前、家を見つける話をしました。

この中で、すごく僕を助けてくれた先輩が今回再登場します。

学期初めにはいろいろなオリエンテーションがありました。大学主催、学生主催、学部主催、それぞれ内容の濃いオリエンテーションで、このおかげで友人がかなり増えました。

その中の、ダンス学部主催のオリエンテーションでの話です。ダンス学部では、いろいろなダンスのレッスンがあります。その中でもジャズダンスのクラスが、ダンス学部の根幹になっていました。

ダンス学部の新入生は100人ほど。そしてジャズダンスの先生が4人いました。生徒はこの4人全員からレッスンを受けることはなく、ひとりの先生のレッスンを受けることになっていました。100人の生徒を4つに分けて、担当の先生がそのまま担任の先生を兼ねていました。

そういうこともあり、最初にジャズダンスの先生4人と生徒100人で集会があり、担任がそこで発表されました。

え、あなた誰・・・

前日までにクラスメイトとは仲良くなっていたので、和気あいあいとした雰囲気で集まりました。

そしてスタッフの職員や先生が教室に入ってきました。その中に、新学期前、部屋探しで僕を助けてくれた先輩がいました。

学生のリーダーも参加するのか、と思っていたら…。

その先輩が前に用意されていた4つの席に着席。

そして一言。

「ジャズダンス担当のジェイソンです。」

kazu

「・・・・」

kazu

「???」

kazu

「え????」

「先生だったーーーーーー!!!!」

めちゃいい先輩は、めちゃいい担任の先生

僕が勝手に勘違いしていました…。ジェイソンは学部の先輩ではなく、先生だったのです!!

先生は30代後半だったのですが、年齢不詳で25歳くらいに見えます。しかも最初に先輩だと勘違いしてしまっていたので、20歳前後だと誤解していました…。

アメリカ人に珍しく、若く見えるアメリカ人でした。しかもジェイソンは僕の担任でした。

kazu

アメリカ留学の目標は「いいジャズダンスの先生を見つける」こと。

ジェイソンは本当に尊敬できる先生で、ダンスの技術だけでなく、人柄も素晴らしい。

いい先生を見つけるという目標が、一瞬で解決しました。

1学期しか一緒にいなかったにも関わらず、とてつもない印象が残っています。

今でも笑い話として使わせてもらっています。ジェイソン、ありがとう!!

kazu

今回は「アメリカ人と年齢」について考えてみました。
どうもありがとうございました!!