毛根を破壊しても脱毛はできない?毛乳頭細胞を固めることがポイント

脱毛のメカニズム。毛乳頭細胞の働きを止める光脱毛

光脱毛では体毛を破壊しているわけではありません。

そのため光エネルギーをあてても、体毛が消えてなくなることはありません。

むしろ光線を吸収すると、体毛は膨張し太くなります。

では、体毛に光線を当てると何が起こっているのか?

光脱毛では「毛根にある、体毛の司令塔となる細胞を固める」という作業を行っています。

細胞はタンパク質からできています。タンパク質に60℃の熱を加えると固まり、働きがストップしてしまいます。光脱毛ではこのタンパク質の特性を利用しています。

わかりやすい例をあげると「ゆで卵」です。生卵の白身を固めるには60℃に熱する必要があります。白身を完全に固めるには70℃まで熱します。

白身が一度固まると、もう生卵に戻ることはありません。

光脱毛でもまったく同じ作業をしています。

さらに詳しくはブログでご紹介していますので、ぜひご覧になってください。光脱毛のメカニズムを生卵で説明しているサイトはあまりないと思うので、納得感が得られるんじゃないかと思います。

メンズ脱毛のメカニズム。毛乳頭細胞の働きを止めるレーザー脱毛と光脱毛

店舗ではもちろん、メール「datsumou.suiso@gmail.com」やライン(こちらをクリックしてください)でも質問を受け付けています。

ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約、ご来店お待ちしています。(予約はこちらからどうぞ)

PEGA メンズ脱毛 Studio 目黒店
武田

関連記事

  1. 男性ホルモンはスイッチが入ると元には戻らない。

    男性ホルモンのスイッチは一方通行。体毛は一度濃くなると戻らな…

  2. 抗酸化物質の万能選手「水素」

  3. 光脱毛と日本人。目黒でメンズ脱毛

  4. メンズ脱毛を効果的に。目黒でメンズ脱毛

  5. ヒゲ剃りにかかる時間と費用

    ヒゲ剃りにかかる生涯の値段

  6. メンズVIO脱毛のデザインに関して